59

業界でも珍しいツールで制作 フルCGインディーアニメ『HUEMAN』無料公開

自主制作アニメ「HUEMAN」no.1 : [i]NSPIRATION - StudioULT 〔Independent Animation〕

POPなポイントを3行で

  • インディーアニメ『HUEMAN』YouTubeで無料公開
  • クリエイター・黒鷹を中心に3Dツールを主軸に制作
  • 人間の根底にある「やりたい」気持ちを応援する作品
新進気鋭のクリエイター集団が10分を超えるインディーアニメーション『HUEMAN』をYouTubeで無料公開しました。

本作のアニメCGは、業界としては珍しい3Dグラフィックツール・MAXON Cinema4Dを主軸に制作。

監督を務める黒鷹さんがSNSでコンタクトとり、多数のクリエイターや企業を巻き込んで集結した制作陣が手掛けました。

SNS時代が生み出した作品『HUEMAN』

「こんな世界をつくってみたい」「こんな作品をつくってみたい」──クリエイターであれば誰しもそんなことを考えたことがあるのではないのでしょうか。

監督を務める黒鷹さんは、大学生の頃から『HUEMAN』を彩る世界の構想を描いていたといいます。

キャラクターCGも兼任する黒鷹さんの本業はプロジェクションマッピング。CGアニメーションとはほぼ関わりのない業種です。

初期に制作された主人公

黒鷹さんは仕事のスキマ時間を見つけてはキャラクターモデリングを練習する日々を送っていました。

しかし、制作をすれば必ず直面する問題が立ちはだかりました。一人では届かない技術範囲があったのです。

Twitterのほんの小さなリツイートが一大ムーブメントに

黒鷹さんはTwitterのリツイートで一枚の画像に目を留めます。その画像を描いたクリエイターに声をかけ、背景CGをお願いすることにしました。

完成をイメージしてもらうために資料を用意し、黒鷹さんの頭の中にある構想を的確に伝えられたことで、制作への熱意を感じてもらえたそうです。

実際に用意された資料の一部

こうして、足りないことがあればSNSでクリエイターにコンタクトし続け、10名以上のクリエイター、そして事務所を含めた多数の声優がこの作品のもとに集うことになりました。

きっかけは「やりたいけどできない」の需要に応えたこと

一クリエイターが制作するインディーアニメーションにこれだけの制作陣が揃ったのは、クリエイターや声優にくすぶる「やりたいけどできない」の需要に応えられたことだと黒鷹さんは考えます。

アニメーション業界においても、アニメーション未経験者が関わることは決して多くはありません。自分が描きたいもの、作りたいものがあったとしても、その一歩を踏み出す人はさらに少なくなります。

「つくりたい」。たくさんの人間の抱えたその欲が爆発して生み出されたのが『HUEMAN』という作品です。

完成が近づくに連れ、黒鷹さん以外のクリエイターからも自主的な提案が増えていきます。 この刑事のキャラクターは『HUEMAN』の制作の中で、参加クリエイターから自発的に出てきたものです。本編中に登場するので、ぜひ探してみてください。

SNSを通じた作品作り。現場はフルリモート

『HUEMAN』には物理的な制作スタジオが存在していません。SNSで有志を募り、制作はDiscordを連絡基盤に個々で行われ、打ち合わせはGoogle MeetやZoomで行われました。

こうした制作手法も今の時代ならではと言えるのではないでしょうか。

『HUEMAN』ストーリー

人類に未知の力を与えるアート。その力の仕組みは″デザイン″にあるが、その力を兵器として利用しようと、謎の組織が暗躍。

有名な画家一家に生まれながら、自分に才能があるのか悩み苦しむ主人公・ソウマ。「自らが自由に描ける場」としてストリートアートを描き続けている。

″デザイン″とは「伝えたいイメージを体現したもの」。だが、常軌を逸した影響を人類に与えてしまう。

未知のデザインと共に確認された「人の創作意欲を食べる脅威存在」怪物″プレデター″。ソウマは未知の力″デザイン″に希望を見出していく。

人間の根底にある「やりたい」気持ちを応援する作品

絵を描くことが好きな少年・ソウマ。画家の名家に生まれた彼は、親の七光りと言われ、有名画家の姉に比較され、葛藤を繰り返します。でも、絵を描くことだけはやめません。「描きたい」その一心が物語を動かします。

ソウマのような10代でぶつかる葛藤──「自分には絵しかない」という若さゆえの執念、「自己肯定感の欠落や挫折」という危うさ、それらのエネルギーには凄まじい熱量があります。その源となる夢を描く大切さ、夢を描き続ける大切さを表現している作品です。

折り合いを付けながら、間隔を置きながらでも、やりたいことを諦めずに行動し続けてきた人たちを肯定し、ありのまま続けてほしい。そんな願いが込めた『HUEMAN』をぜひご覧ください。

SNS時代が生み出すアニメ

こんな記事も読まれています

作品情報

『HUEMAN』

監督・脚本
黒鷹(PLANEON 上平康太)
脚本協力
ばらっげ/ground
音楽
ばらっげ/ポピー
音効・MA
ばらっげ
背景・メカニックCG協力
mtk/毛天画報
映像協力
亞護マイケル/Hanamori Hiro
アニメーター協力
レイにー
コピーライター
河村圭佑
劇中画&ARTデザイン&メインビジュアル
才賀/∵餮∴/UmitukiKujira
キャスト
ソウマ:稲垣伽弦 青髪の女性:二口満利奈 白い少女:森結貴
トゥルーチ:眞對友樹也 紫の少女:はるかひとみ/額縁の怪物ボツ:権藤宏昂
平田伸幸/赤星優希/伊坂悠/髙橋颯
清水秀/藤田勇気/松川あおい/髙橋颯
林まどか/松岡隆徳/清水秀(順不同)
協力
合同会社ASlinkProject/株式会社アドヴァンスプロモーション
アコルト/ VOICE プロ アルカンシェル/株式会社ゆーりんプロ(順不同)

制作陣やゲスト作家を交えた公開前カウントダウン企画「ファンアートリレー」が12月6日から公開までの5日間、5名がTwitterにて順次公開しています。

企画者Twitter:https://twitter.com/D_the_blackhawk

· ハッシュタグ #HUEMAN_ANIME

関連情報をもっと読む

関連キーフレーズ

6
Share
7
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ