127

連載 | #329 ポップな画像を紹介してみた

深海生物メンダコやラブカのアクセサリー「少しでも多くの人に深海の魅力を」

深海生物メンダコやラブカのアクセサリー「少しでも多くの人に深海の魅力を」

「深海生物の指輪」/画像はすべてノブチャンチンさんの提供

POPなポイントを3行で

  • ラブカやメンダコなど「深海生物のシルバーアクセサリー」
  • 深海生物の負のイメージを払拭するために制作
  • 格好良さとどこか愛らしさのあるデザイン
母なる海の最下層、深海に生息する深海生物

陽がまったく当たらない暗闇の中、太古から変化しない生物もいれば、ユニークな見た目に進化した生物など、ロマンに溢れた世界が広がっています。

今回は魅力的な深海生物をデザインした指輪などのシルバーアクセサリーの紹介です。

格好良さと可愛いさを持った「深海生物のシルバーアクセサリー」をつければ、いつものコーデの格とテンションが上がること間違いなしです。

ラブカやメンダコなどを巧みに再現「深海生物のシルバーアクセサリー」

これぞ深海生物な見た目のホテイエソの指輪

庵野秀明さんの映画『シン・ゴジラ』に登場するゴジラ第一形態に似ていることで話題を呼んだ幻の深海魚・ラブカを筆頭に、 ゲーム・アニメに出てきそうな見た目のオニキホウボウ、黒くてグロテスクでエイリアンのようなホテイエソ、耳が生えているみたいでかわいいメンダコなど、どれもユニークな見た目で人気を誇る深海魚たち。

これら深海生物を指輪やピアスなどに落とし込んだ「深海生物のシルバーアクセサリー」の制作者・ノブチャンチンさんに制作秘話などを聞いてみました。

世間からの深海生物の悪印象がキッカケ

ノブチャンチンさんは、幼少期の頃から生き物全般が好きで、特に過酷な深海の世界に生きる生物に魅力を感じていたとのこと。一方で、世間では独特の環境で進化遂げた深海生物は不気味・怖い見た目・冷たいというイメージが強かったそうです。

このイメージを変えるべく、少しでも多くの方に深海の魅力を伝えるために趣味のシルバーアクセサリー制作で表現する道を選び、「深海生物のシルバーアクセサリー」が誕生しました。

深海生物の指輪・オニキホウボウ

「深海生物は、なかなかお目見えすることができない生物ばかりですので、できる限り本物に近いイメージに制作しつつ、格好良さとどこか愛らしさのあるシルバーアクセサリーとして表現できるように心がけています。」と魅力的なデザインについてコメント。

資料集めのために、漁港関係者に相談や海や水族館に足を運び、できる限り本物の深海生物と触れ合うことがこだわりでもあり、滅多にあがってこない深海生物の難点だそうです。

深海魚の魅力を伝えるための創作活動

まるで宇宙人な可愛さを持つ、深海生物のシルバーアクセサリー・メンダコ

宇宙と同じくらい謎が多いとされている深海。「過酷な世界で生きるために独自の進化をしている深海生物が、現在の世の中と通ずるところがあり、年々深海に対する魅力が増しております。」と深海生物の魅力を語るノブチャンチンさん。

今後、さらに深海や深海生物の知識を増やしながら、SNSやイベント出展で深海生物の魅力を広げていく活動するとのこと。

ちなみに、今回紹介した「深海生物のシルバーアクセサリー」以外にも海洋生物・動物などの指輪・ピアスなども手がけており、ノブチャンチンさんのサイトにて発売中です(外部リンク)。

本物画像とぜひ比較してほしいです

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

46
Share
2
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ