36

連載 | #299 ポップな画像を紹介してみた

我、聖夜からの使者ナリ…クリスマスの星飾りでつくったロボットが今にも降臨しそう

我、聖夜からの使者ナリ…クリスマスの星飾りでつくったロボットが今にも降臨しそう

安居智博さんによるクリスマスデコレーションの星飾りでつくったロボット/画像はすべて本人提供

  • 11 images

POPなポイントを3行で

  • クリスマスの星飾りでつくったロボットがキラッキラ
  • 「カミロボ」で知られる造形師・安居智博が制作
  • 「むきむきアヒル」やフエキの公認アートもかっこいい
クリスマスツリーのてっぺんに付ける星飾りって、なんかかっこいいですよね。

そんな童心に共感してくれる人なら間違いなくハマる造形作品が、聖なる夜に誕生した。

クリスマスデコレーションの星飾り(10個)を細かく切って針金でつないでロボットを作りました キラキラとまばゆい輝きを放つのは、紙製のロボット「カミロボ」を30年以上にわたってつくり続ける造形師・安居智博さんの作品だ。

サンタクロースに「これと同じものをください!」ってお願いしちゃいそうじゃない?

【画像】造形師・安居智博さんの作品、星飾りのロボットにむっきむきのアヒルも

「カミロボ」で知られる造形師・安居智博

安居さんは、「ヤスイ工房」としてフィギュア造形やプロレスマスク制作など幅広いものづくりを行う造形師だ。

KAI-YOU.netでは以前にも、浮世絵師・葛飾北斎の「富嶽三十六景」をモチーフにしたカミロボや、「ぷかぷかアヒル」を組み合わせた「むきむきアヒル」を紹介。

その巧みの造形技術と、普段目にするものからポップなビジュアルを生み出す表現力は、KAI-YOUでもお馴染みのクリエイター……と言っても過言ではないはず。

「アヒル」と「どうぶつのり」でつくった作品も話題に

せっかくの機会なので、安居さんには2020年つくった作品の中で印象深いものを聞いてみると、前述の「ぷかぷかアヒル」とフエキの「どうぶつのり」でつくった作品を挙げてくれた。

「ぷかぷかアヒル」でつくられた「むきむきアヒル」

「ぷかぷかアヒル」改め「むきむきアヒル」がつくられたのは2月。ちょうどコロナ禍による閉塞感が広がってきた時期だった。

「せっかくつくるのなら広くたくさんの人に楽しんでもらえるような作品をつくろう、という意識を強く持ちながらつくりました」と安居さん。

フエキの「どうぶつのり」でつくったアート作品

一方、フエキ(不易糊工業)のどうぶつのりでつくった作品は、「もともとは(ファンアートとして)勝手につくった作品だった」ものが、話が広がって公式に。

最終的に、心斎橋パルコのフエキショップで不易糊工業の公認アート作品として展示販売されるに至っている。 【画像】造形師・安居智博さんの作品、星飾りのロボットにむっきむきのアヒルも

2021年もポップな造形作品に出会えますように

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

30
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ