17

家で新作映画を楽しめる「仮設の映画館」 興行収入は劇場と配給に分配

家で新作映画を楽しめる「仮設の映画館」 興行収入は劇場と配給に分配

「仮設の映画館」/画像はすべて公式サイトから

POPなポイントを3行で

  • 映画配給会社・東風がオンラインに開設した「仮設の映画館」
  • 劇場での公開に合わせてネットで新作を鑑賞できる
  • 賛同・参加する劇場・配給会社に興行収入を配分
映画配給会社・東風がオンライン映画館「仮設の映画館」を開設している。

仮設の映画館は、劇場公開される新作映画を、1本1800円で動画共有サイト・Vimeoにてストリーミング配信し、同企画に賛同・参加する劇場・配給会社に興行収入を配分するという仕組みをとっている。

コロナ禍を乗り切るための「仮設の映画館」

「仮設の映画館」は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大によって、客足が遠のいている劇場の窮状などを鑑みて開設されたオンライン上の映画館。

観客には安心して新作が楽しめる環境を、劇場・配給・製作者にとっては経済的なサイクルがこの状況でも回るようにと考案された。

「仮設の映画館」で各作品を選択し、動画共有サイト・Vimeoでの手続きを踏んで料金を支払うことでストリーミング視聴できる。 開設した東風は、4月8日に想田和弘監督のドキュメンタリー『精神0』を配信すると発表していたが、以降ラインナップが増加。

4月28日時点で『タレンタイム~優しい歌』『プリズン・サークル』などを加えた10作品が配信される予定になっている。

4月28日時点の配信ラインナップ
・『春を告げる町』(島田隆一監督) 配信:4月25日~ 配給:東風
・『精神 0』 (想田和弘監督) 配信:5月2日~ 配給:東風
・『巡礼の約束』 (ソンタルジャ監督) 配信:5月2日~ 配給:ムヴィオラ
・『タレンタイム~優しい歌』 (ヤスミン・アフマド監督) 配信:5月2日~ 配給:ムヴィオラ
・『グリーン・ライ ~エコの嘘』 (ベルナー・ブーテ監督) 配信:5月2日~ 配給:ユナイテッドピープル
・『どこへ出しても恥かしい人』(佐々木育野監督) 配信:5月2日~ 配給:シマフィルム
・『島にて』 (大宮浩一監督/田中圭監督) 配信:5月8日~ 配給:東風
・『タゴール・ソングス』 (佐々木美佳監督) 配信:5月上旬 配給:ノンデライコ
・『プリズン・サークル』 (坂上香監督) 配信:5月中旬 配給:東風
・『タッチ・ミー・ノット~ ローラと秘密のカウンセリング~』(アディナ・ピンティリエ監督) 配信:6月6日〜 配給:ニコニコフィルム

家で楽しめるコンテンツ

こんな記事も読まれています

施設概要

仮設の映画館

配信作品
「春を告げる町」(島田隆一監督) 配信:4月25日~(配給:東風)
「精神 0」 (想田和弘監督) 配信:5月2日~(配給:東風)
「巡礼の約束」 (ソンタルジャ監督) 配信:5月2日~(配給:ムヴィオラ)
「タレンタイム ~優しい歌」 (ヤスミン・アフマド監督) 配信:5月2日~(配給:ムヴィオラ)
「グリーン・ライ ~エコの嘘」 (ベルナー・ブーテ監督) 配信:5月2日~(配給:ユナイテッドピープル)
「どこへ出しても恥かしい人」(佐々木育野監督) 配信:5月2日~(配給:シマフィルム)
「島にて」 (大宮浩一監督/田中圭監督) 配信:5月8日~(配給:東風)
「タゴール・ソングス」 (佐々木美佳監督) 配信:5月上旬(配給:ノンデライコ)
「プリズン・サークル」 (坂上香監督) 配信:5月中旬(配給:東風)
「タッチ・ミー・ノット~ ローラと秘密のカウンセリング~」(アディナ・ピンティリエ監督) 配信:6月6日〜 (配給:ニコニコフィルム)

賛同・参加劇場
【関東】〔東京〕シアター・イメージフォーラム、ユーロスペース 、ポレポレ東中野、岩波ホール、ケイズシネマ、ユジク阿佐ヶ谷〔神奈川〕横浜 シネマ・ジャック&ベティ、横浜シネマリン、あつぎのえいがかんkiki、〔埼玉〕川越スカラ座、〔群馬〕シネマテークたかさき 【北海道・東北】〔北海道〕シアターキノ、〔青森〕フォーラム八戸、〔岩手〕フォーラム盛岡、〔山形〕フォーラム山形、〔宮城〕フォーラム仙台、〔福島〕フォーラム福島、まちポレいわき 【中部】〔新潟〕シネ・ウインド、高田世界館、〔石川〕シネモンド、〔富山〕ほとり座、〔静岡〕浜松 シネマイーラ、〔長野〕長野ロキシー、松本CINEMAセレクト、上田映劇、〔愛知〕名古屋シネマテーク、名演小劇場 【近畿】〔大阪〕第七藝術劇場、シネ・ヌーヴォ〔京都〕京都シネマ、出町座〔兵庫〕元町映画館、豊岡劇場 【中国・四国】〔岡山〕シネマ・クレール、〔広島〕横川シネマ、シネマ尾道、福山駅前シネマモード〔愛媛〕シネマルナティック 【九州・沖縄】〔福岡〕KBCシネマ1・2、〔佐賀〕シアター・シエマ〔大分〕シネマ5、〔熊本〕Denkikan、〔宮崎〕宮崎キネマ館、〔鹿児島〕ガーデンズシネマ、〔沖縄〕桜坂劇場、シアタードーナツ ほか
(2020.4.22現在/作品により上映劇場が異なります)
賛同・参加配給会社
東風、ムヴィオラ、ユナイテッドピープル、シマフィルム、ノンデライコ、ニコニコフィルム
(2020.4.22現在)
ロゴデザイン
「仮設の映画館」のロゴはこの試みに賛同してくださった、映画の宣伝美術を数多く手がけるグラフィック・デザイナー、成瀬慧氏からの贈り物です。
マナーCM
制作:restafilms 監督:北川帯寛 ナレーション:岡崎真紀子(ユーロスペース) アニメーション:石川正史 編集:遠山慎二 音楽:遠山聖子 アートディレクション:成瀬慧 写真提供:全国の映画館スタッフのみなさん
WEB制作
坂元純(月光堂)

関連情報をもっと読む

関連キーフレーズ

9
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ