6

YouTube、ワクチンの有害なデマ情報を削除へ COVID-19以外にも拡大

YouTube、ワクチンの有害なデマ情報を削除へ COVID-19以外にも拡大

Photo by Alexander Shatov on Unsplash

POPなポイントを3行で

  • YouTubeが誤報対策をワクチンに拡大
  • 有害で誤った情報含むコンテンツが削除
  • COVID-19関連ではこれまで13万件削除
YouTubeが、コミュニティガイドラインにおける誤報対策のポリシー「Misinformation policies」を更新。ワクチンに関する新たなガイドライン「ワクチンについての誤った情報に関するポリシー」を発表した。

ワクチンの安全性・効果・成分について有害で誤った情報が含まれるコンテンツが削除される。

YouTubeでは2020年10月、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の医学的に誤った情報に関するポリシー」を策定しており、それに違反したとして、現在まで13万件以上の動画が削除されていた。

削除対象を一般のワクチンに拡大

ワクチンについての誤った情報に関するポリシー/画像はページのスクリーンショット

今回のガイドラインの策定により、COVID-19や麻疹やB型肝炎のみならず、一般に承認され接種されているワクチンに対象が拡大。

ワクチンが慢性的な副作用をもたらす、感染拡大や感染自体を減らせないと主張したり、含まれる成分に関する不正確または誤解を招くコンテンツが削除される。

具体的には、承認されたワクチンが自閉症やがん、不妊症などの原因になる、またはワクチンに含まれる成分がワクチンを受けた人を追跡できると主張するコンテンツなどが含まれる。

■YouTubeで許可されていないコンテンツ一例

・ワクチンが次のような慢性的な副作用を引き起こすと主張する
 ・がん
 ・糖尿病
 ・その他の慢性的な副作用
・ワクチンは発病のリスクを軽減しないと主張する
・ワクチンに、胎生の生体物質(例: 胎生組織、胎児細胞株)や動物由来成分など、ワクチンの成分表に記載されていない成分が含まれると主張する
・ワクチンに、ワクチンを接種した人を追跡または特定するための成分やデバイスが含まれると主張する
・ワクチンが人の遺伝子構造を変えると主張する
・MMR ワクチンが自閉症を引き起こすと主張する
・ワクチンは人口削減の陰謀の一環であると主張する
・インフルエンザ ワクチンが不妊症などの慢性的な副作用を引き起こすと主張する
・HPV ワクチンが麻痺などの慢性的な副作用を引き起こすと主張する ワクチンについての誤った情報に関するポリシーより

一部削除の対象外となるコンテンツ

ただし、科学におけるオープンな議論の重要性を考慮し、ワクチンについての政策、新しいワクチンの臨床試験、過去のワクチンの成否についてのコンテンツは削除されない。

また、ワクチンについての個人的な体験談についても、他のコミュニティガイドラインに抵触せず、チャンネルそのものがワクチン接種への躊躇を助長させない限り、削除されない。

つまり教育的、科学的、芸術的コンテンツや、体験に基づくコンテンツについては、例外的に削除されない可能性があるということだ。

例えば、コンテンツの目的がこのポリシーに違反する誤った情報を非難、論議、風刺するものである場合は、例外として扱われることもあるという。

コロナ禍と情報社会とポップカルチャーと

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

3
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ