15

『トゥオンブリからバンクシーまで』アーティスト目線のストリートアート考察

POPなポイントを3行で

  • アーティスト・大山エンリコイサムの新著
  • 『ストリートの美術 トゥオンブリからバンクシーまで』
  • 都市・美術・ストリートからストリートアートに迫る
『トゥオンブリからバンクシーまで』アーティスト目線のストリートアート考察

『ストリートの美術 トゥオンブリからバンクシーまで』/画像はAmazonから

ストリートアートに関する著作を複数上梓しているアーティスト・大山エンリコイサムさんが、新著『ストリートの美術 トゥオンブリからバンクシーまで』(講談社選書メチエ)を4月10日(金)に発売する。

都市・美術・ストリートという切り口から、Cy Twombly(サイ・トゥオンブリ)さんやBanksy(バンクシー)さんなどに言及。「ストリート・アートとは?」というテーマを追いかける内容になっている。

重鎮サイ・トゥオンブリからバンクシーまで

この投稿をInstagramで見る

#dailyhabits #studio #brooklyn #newyork

Enrico Isamu Oyama(@enricoisamuoyama)がシェアした投稿 -

大山エンリコイサムさんは、グラフィティ(エアロゾル・ライティング)のビジュアルを再解釈した作品で注目を集めるアーティスト。

自ら作品を制作するだけでなく、この新著を手がけたように執筆活動も精力的に行っている。

本作では20世紀を代表するアーティストの1人・Cy Twombly(サイ・トゥオンブリ)さんから、いまや世界一有名な“匿名”アーティストのBanksy(バンクシー)さんにまで言及し、ストリートアートについて考察している。

ストリートから始まった文化

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「大山エンリコイサム」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 6

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ