26

POPなポイントを3行で

  • キズナアイらVTuber35名がはんこになった
  • 銀行などの金融機関や宅配便の認印として使える
  • 日常生活から推しを押してこっ
キズナアイらVTuberをはんこで推せる 金融機関でポン!ポン!ポン!

「VTuber図鑑」

  • 8 images

キズナアイさんらバーチャルYouTuber(VTuber)支援プロジェクト・upd8に参加するメンバーのハンコ「VTuber図鑑(upd8バージョン)」が発売。

総勢35名のVTuberと好きな名前を印面に彫刻してつくれるオーダーメイドで、銀行や宅配便の受領印として使用できる。

登場するのはキズナアイさんやYuNiさん、ヤミクモケリンさん、おめがシスターズかしこまりさん、周防パトラさん、西園寺メアリさん、因幡はねるさん、AZKiさん、夜乃ネオンさんら35名のVTuber。 荷物の受け取りやサインがわりに使えるセルフインクタイプと、全国ほとんどの金融機関で使える木彫りタイプの2種類を用意。印面サイズとフォントはそれぞれ3種類が選べる。

自身の好きなキャラクター(いわゆる推し)を、日常生活のさまざまな場面で堂々とアピールする手段として、いつでもスマートに布教できるようにポケットに忍ばせておきたい。

グッズとしては比較的新しい印鑑というジャンル

「VTuber図鑑(upd8バージョン)」はハンコのネット通販サイト・印鑑はんこSHOPハンコズとupd8とのコラボレーションによるもの。

キャラクターグッズとしての印鑑は、ここ数年で誕生した比較的新しいジャンルであり、アニメ系で有名なものでは2012年にスタートしたオーダーメイドサービス・痛印堂がある。

ネーミングは痛車から派生したもので、当時「実名入りのデザインであれば金融機関で使用可能」という謳い文句に、筆者を含め「本当に使用できるのか?」と疑ってしまった人も多いことだろう。

実用性が伴う印鑑は、アニメやゲームといったキャラクターグッズとしては盲点だったジャンル。痛印堂でも多くの作品やキャラクターを扱っており、すでに多くの支持を獲得している。

今回発売された印鑑はんこSHOPハンコズでは複数のVTuberとコラボ。とはいえ、いまや9000人を超えるといわれるVTuberだけに、ファンから「ハンコが欲しい」と声が上がるVTuberは、まだまだ増えていきそうだ。

「VTuber図鑑」の画像をもっと見る (c)Kizuna AI (c)️2019 YuNi (c) 2017 のらきゃっとチャンネル (c)️KashikoMari (c)AniMare (c)ハニーストラップ (c)Virtual Cat All Rights Reserved. (c)ヤミクモケリン (c)マスター (c)cover corp. (c)OMEGA-SISTERS (c)Hibiki AO (c)YAMASA (c)OsanaiMei (c)歌衣メイカ (c)UL (c)春日部つくし (c)2017 CafeSingularity All Rights Reserved. (c)PJ_POTETI (c)DELA&HADOU (c)Icotsu (c)️Tsunohane Akagi
(c)MoscowMule (c)エンジンかずみ (c)Livingdeadroom (c)懲役太郎 (c)Yoruno Neon Project

「推し」を表現するアイテムたち

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「キズナアイ」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 21

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ