81

POPなポイントを3行で

  • 『週刊少年マガジン』で『天気の子』の総力特集
  • 映画が『マガジン』の表紙を飾るのは22年ぶり
  • 計1万字を超えるインタビューも掲載

最新ニュースを受け取る

少年マガジン『天気の子』総力特集 映画表紙は『もののけ姫』以来22年ぶり

『週刊少年マガジン』33号表紙

7月16日(水)発売の『週刊少年マガジン』33号にて、新海誠監督最新作『天気の子』の総力特集が組まれることがわかった。

映画が『週刊少年マガジン』の表紙を飾るのは、宮崎駿監督の『もののけ姫』以来、22年ぶり。描き下ろしのイラストは、主人公・帆高とヒロイン・陽菜の2人が雨上がりを背景にジャンプしている姿が描かれている。

20Pに及ぶ巻頭カラー企画のほか、新海監督への独占インタビューをはじめとする充実の内容が掲載される。

計1万字を超えるインタビュー記事は、『週刊少年マガジン』では異例中の異例だという。

新海誠、待望の最新作がいよいよお披露目

『天気の子』メインカット 7月19日(金)より劇場公開される新海誠監督の最新作映画『天気の子』は、新海誠監督によるアニメーション映画作品。

歴史的な大ヒットを記録した国内はもちろん、国外でも大きな話題を呼び社会現象となった前作『君の名は。』から3年ぶりの最新作ということで、注目を集めている。

本作は、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を「選択」するストーリー。

東京にやってきた家出少年・帆高が出会った、不思議な力を持つ少女・陽菜の恋の物語が、美しくかつ切なく描かれる。
映画『天気の子』スペシャル予報
2,000人を超えるオーディションの中から選ばれた声の出演は、帆高役の醍醐虎汰朗さん、陽菜役の森七菜さん。

さらに本田翼さん、小栗旬さん、倍賞千恵子さんら豪華キャストの出演が脇を固める。

音楽は前作に引き続き、ロックバンド・RADWIMPSが手がける。

『週刊少年マガジン』でも、新海誠監督とRADWIMPSとの対談はじめ、監督と醍醐さん、森さんとの鼎談など、大ボリュームで特集が組まれている。

(c)週刊少年マガジン

今年のアニメ映画大本命『天気の子』

こんな記事も読まれています

作品情報

『天気の子』

原作・脚本・監督 新海誠
音楽 RADWIMPS
キャラクターデザイン 田中将賀
作画監督 田村篤
美術監督 滝口比呂志
制作 「天気の子」製作委員会
制作プロデュース STORY inc.
制作 コミックス・ウェーブ・フィルム
配給 東宝 ©2019「天気の子」製作委員会

関連キーフレーズ

「週刊少年マガジン」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 47

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ