230

J・D・サリンジャー、未単行本化の作品を日本語訳で刊行

J・D・サリンジャー、未単行本化の作品を日本語訳で刊行

J・D・サリンジャー、金原瑞人/訳 『このサンドイッチ、マヨネーズ忘れてる/ハプワース16、1924年』 新潮社公式サイトより

POPなポイントを3行で

  • サリンジャーが日本語訳で新刊
  • 『ライ麦畑でつかまえて』で知られるアメリカ文学の巨匠
  • グラース家のシーモアや、ホールデンの物語も
J・D・サリンジャーさんの新刊『このサンドイッチ、マヨネーズ忘れてる/ハプワース16、1924年』(新潮社)が6月29日に刊行される。

翻訳は数々の作品を手がける翻訳家・金原瑞人さんによるもの。金原さんによるサリンジャー作品の翻訳は初となる。

『このサンドイッチ、マヨネーズ忘れてる/ハプワース16、1924年』には、本国で単行本化されていない作品を含む9つの小説が収録される。

謎につつまれた作家の新たな作品集

サリンジャーさんは、青春小説の金字塔『ライ麦畑でつかまえて』や『フラニーとゾーイー』で知られるアメリカ文学の巨匠。

数多くのクリエイターやアーティストに参照されるなど、その知名度のわりに単行本化された作品は少ない。人前に姿を見せず、半世紀に及ぶ隠遁生活を行なっていたとも報じられている。

『このサンドイッチ、マヨネーズ忘れてる/ハプワース16、1924年』には、『ライ麦畑でつかまえて』の主人公・ホールデン・コールフィールドを描いた短編や、「バナナフィッシュにうってつけの日」で自殺したグラース家の長兄シーモアが、七歳のときに家族あてに書いていた手紙(という形の中編)「ハプワース16、1924年」などを収録。

熱烈なファンが多い一方で、謎につつまれた部分の多い作家・サリンジャーのさらなる一面を知ることができるかもしれない。

小説という表現について

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

115
114
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ