545

連載 | #1 いただきます、インターネット

いただきます、インターネット Vol.1 「レポ」がつくるファンとステージの距離

いただきます、インターネット Vol.1 「レポ」がつくるファンとステージの距離
こんにちは、はじめまして。「インターネットもぐもぐ」というブログを書いている、もぐもぐと申します。霞(=アイドルとインターネット)を食べて生きています。

趣味は「家から一歩も出ない文化人類学」……もとい、知らないインターネットをだらだら探検することです。これまでAKBのブログのコメント欄を解析したり(※1)、pixivにあらわれた「2ちゃん風小説」について考察したり(※2)してきました。

※1:アイドルブログのコメント欄から見る、「君と僕の関係」 - インターネットもぐもぐ
※2:創作フォーマットとしての2ちゃんねる - インターネットもぐもぐ


好物は「人が熱狂しているもの」。わけがわからなくても、外から見たらくだらなくてもバカみたいでも、内側から楽しく見ている人の目を借りたら絶対楽しい。熱狂の渦をわたしにも覗かせてほしい。そう思って、いろんなジャンルの扉を叩きながらなるべくミーハーに生きています。

ネットは広いけど自分が見ている世界は案外狭い。今見てる視野角の少し外側には何があるんだ、と思って日々新しくハマるものを、入門する扉を探しています。

キラキラとドロドロがぐちゃぐちゃのAKB48はじめ女子アイドル、泣く子も黙るジャニーズ・エンタテインメント、伝統と威光の宝塚歌劇、原作という柱が一本通ってるからこその面白みがある、俗に言う2.5次元舞台――それぞれのファン文化を渡り歩いていると似ているところもまったく違うところもあってとても興味深いです。

そんなものの1つとして、今回はTwitterを介したコンサートやライブ、お芝居の「レポ」文化について紹介しようと思います。

ネタバレへの意識の違い

きっかけは去年の12月、Perfume「LEVEL3」の東京ドーム公演でした。大阪で2日間、東京で2日間あった公演のうち、わたしは東京の1日目に行きました。

衣装がかわいくて、映像はド迫力で、世界観は壮大、さすがPerfume様、お金もあるし……! と思っていつもと同じように感想をポツポツTwitterに書いたのですが、自分のTLに他にも今日行ってる人はいるはずなのにあんまり流れてこない。

「ん?」と思って昔の記憶を辿ると、そういえばあるライブではあ~ちゃんが「ツアーのネタバレ禁止」をMCで話していた気がしてきました。でも今日は言ってなかったぞ……と思って公式サイト(http://www.perfume-web.jp/cam/LEVEL3/)を見ると「ネタバレにつきまして」の項目が。「ライブの演出や曲順及び衣装等に関する“ネタバレ”はWEB上に掲載しないようご協力お願いいたします」──そ、それがデフォルトなのか! そうか!

……衝撃でした。なぜならわたしが普段どっぷり浸かっている場所では、今日見たものについて事実や感想を書き留める「レポ」「ネタバレ」は、むしろ重要なコミュニケーションの一手段だからです。

もちろん好まない人もいるとは思いますが、その場合は何らかの自衛をしなければなりません。少なくともスタンダードは「禁止」ではない。

同じショービジネスでも、場合によってはファンもアーティスト側もまったく姿勢が違いますね。

そして「レポ」が盛んなジャンルでも、それぞれでファンカルチャーは少しずつ違います。わたしが普段見ているものの中から、ジャニーズ/AKB48/宝塚/ミュージカル「テニスの王子様」の4つを比較してみようと思います。

実際のツイートをいくつかご紹介しますが、そのジャンルを知らないみなさんにはきっと未知の言語だと思いますし、外国語だと思ってご参照ください。

ジャニーズの場合

圧倒的にクオリティが高くて完成された「レポ」文化を持ってるのはジャニーズ界隈です。
早くてきっちり、拡散力高
文頭に【】書きで日時と公演を示す暗黙のテンプレートに沿ってるものが多く、きっちりわかりやすいのが大きな特徴。別にそれに則ってないと誰かに怒られるってこともないんですが、いつの誰の公演かちゃんとわかるようになっています。

ジャニーズさんたちは札幌で、東京で、大阪で、福岡で、それぞれ違うグループが公演していることもあるので、いくつもかぶった週末なんかTLが各地の情報であふれかえります。お祭りです。

そしてみなさん拡散が速い速い。あっというまに数100RT・お気に入りが付くことがザラです。Twitterはインフラだ……と毎週のように思います。
すべてがレポになる
お金……払いますよ……? ってくらい素晴らしい記録が140文字以内に美しくまとめられ、公演が終わると即座に、本当に即座にTwitterに流れ込んできます。

セットリストやMCの内容はもちろん、コンサートだからこその振り付けや歌詞のアレンジ、曲中のメンバー同士のじゃれあい、花道や外周を歩いたり走ったりしている時のファンサービスなんかも見どころですよね。

バックダンサーとしてしたがえる多数のジャニーズJr.さんたちと遊んでる様子、時には客席の端っこから覗きこんだ舞台袖で待機してる素の顔まで……。

会場のそれぞれの席でそれぞれの視点から見えていたものを、これでもかというほどみなさん書き残して共有してくれます。「すべてがレポになる」──そんな細かいところまで……! ってものがたくさんです。
ファンがファンとして好きな人を語る強さ
行ってないコンサートのこと書かれたってつまらないんじゃ? なんてことはまったくなくて、むしろレポを読むことで発見がたくさんあります。テレビや雑誌で見えている彼らの側面はほんの一部なんですよね。

「他のメンバーと絡むとこんなキャラなんだ」とか「Jr.のチビッコにこんな風に優しくしてるの株上がる!」とか「クールに見えるのにファンのうちわに応えてこんなことするの!?」とかがわかるとドキドキします。コンサートまで行くのは時間的にも費用的にも難しくても、文章だけでにこにこできます。

「しめちゃん、て名前よく見るけど誰のことだろう……」「あの曲でめっちゃかっこよく踊ってたのは岸くんていうのか」などなど、入門したての頃はついさっき目の前で見たあれこれを、顔と名前が一致するデータとしてアップデートするために本当にお世話になりました。

レポの内容でそのグループやメンバーに興味を持ったケースが何度もありました。ファンがファンとして好きな人を語る言葉はなんて雄弁なんでしょう! 好きになっちゃうよ!

1
2
3

こんな記事も読まれています

480
36
29
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ