96

最新ニュースを受け取る

新世紀の音楽たちへ 第7回「インターネットが拡張する声の劇空間」
同人音楽を考える連載「新世紀の音楽たちへ」、日高良祐さんに連載の代打をお願いしてからはや数ヶ月たってしまいました……。この間の責任は全部僕にあります! すみません! さて、前回の日高さんの論を引き継ぎつつ、もう少し違った論点から「インターネットと同人音楽」について書いてみよう、と企んでいます。そして、そのために「音楽」だけではなく、同人音楽を語る上で外せない別のカルチャーにも登場してもらいましょう

同人音楽と共に育ったサウンドカルチャー。それを「ボイスドラマ」といいます。

執筆・安倉儀たたた 編集:米村智水

「作品」のレイヤーを変えたインターネット

さて、前回の日高さんが「流通」をキーワードに、インターネットの登場によって、流通形態が多様化し「プロとアマチュア」の境界がだんだん消えてきたことを論じてくださいました。

インターネット、とくに音声・動画サイトの登場によって、「作った作品を聞いてもらう」という、それまでプロ(あるいはインディーズ)でなければ難しかったことをアマチュアでも簡単にできるようになりました。これは同時に、「完成形以外の作品でも流通できるようになった」ことも意味しているように思います。僕には、むしろこちらの意義のほうが、流通が容易になったことよりも大きいのではないかと思えるのです。

つまり、インターネットの発展と熟成によってPVもデモも完成形もリミックスも、ライブ映像も自宅での悪ふざけも等しく配信することが可能になった。それによって「プロとアマ」の境界だけではなく、「作品の境界」をも曖昧にしてしまったのです。

YouTubeを検索すれば、ストリートライブだけではなく、自宅での弾き語りをアップしているアーティストも多く見る事ができますし、BABYMETALのサウンドプロデューサーでもあるDJ'TEKINA//SOMETHING/ゆよゆっぺさんも、弾き語り動画を投稿しています。
【弾き語り】めいめろ【お風呂上がり】
「自宅での弾き語り」が「作品」になるという状態は、そもそもインターネットの登場なしには考えられません。

それは単純にクオリティの問題ではなく、わざわざ音楽番組やFMラジオを制作してまで、お風呂に入って弾き語りをするのはコスト的にもばかげているように思えるよね、ぐらいな意味です。

音楽の「使い方」はクリエイターによって違う

日高さんが指摘したように、現代のアーティストたちは、ネットも即売会もCDも、あるいは音楽に留まらないコラボレーションも含めて様々に活動範囲を広げています。それは「作品」として見なしてよい形態の範疇が変わったからだ、という見方もできるのではないか、と思うのです。

それは、インターネットを介した作品の流通には、様々なレイヤーが存在している事を意味しています。すでにCDを出しているプロのアーティストにとってわざわざネットに作品をアップするのはプロモーションやファンサービスとしてウエイトが重いでしょうし、多数の作品によって一つの物語をつくり出しているクリエイター(例えばHoneyWorks)にとっては、弾き語りであろうと音楽だろうとアニメーションであろうとそれらは形態を問わず作品として欠かせないものでしょう。
HoneyWorks「初恋の絵本 feat.合田美桜(CV:豊崎愛生)」
プロとアマを区別していた作品の概念や完成形の「カタチ」、それからプロモーション/やってみた/ストリートライブ/自宅での弾き語り/ボカロ曲の投稿といった様々なレイヤーが、一つの場所で一緒になっていることが不自然ではなくなってきた、そういう事態が2000年代を通じて起きてきたと思うのです。

それと同時に、即売会もまた「いろいろな使い方」がなされる場所でした。ある人々にとっては、即売会なんて作品を「販売する場」でしかないかもしれません。けれども、ここは作品の流通からだけでは見えないような違う喜びもある場所なのだ、と思います。それはどういうものなのか。今回のメインテーマはそこにあります。

ボイスドラマという文化

だから、〈音楽から遠く離れて〉今回は同人音楽のその周辺、しかし同人音楽とともに寄りそってきたもう一つのカルチャーであるボイスドラマを紹介してみたいと思います。

ボイスドラマ――音声劇、放送劇、ラジオドラマ、サウンドドラマ、オーディオドラマ等とも呼ばれる「音の劇」をこう呼びます。とりわけ同人の音声作品はボイスドラマと呼ばれる事が多いので、一応ここではボイスドラマで統一することにいたします。

これまでボイスドラマは、同人音楽とは距離の離れている文化だとみなされてきました。この連載でもしばしば引用している井手口彰典さんの本や、『同人音楽を聴こう』(三才ムック)でもボイスドラマサークルやその遍歴はほぼ無視されています。

同人音楽との親和性、「声のカルチャー」

ですが、音楽サークルでも途中で音声劇やナレーションを入れる作品をつくる人は珍しくありません。あるいはボイスドラマの作品にはOPやEDとして二曲ほどの歌を入れることも非常に多く、これら歌とは異なる「声のカルチャー」と同人音楽との親和性は、もっと強調されるべき、特筆に値するものです。

ただ、このボイスドラマは音楽でもなく、演劇でもなく、かといってアニメーションでもテキスト(文学)でもない・・・・・・といった隙間産業的なカルチャーであり、個別作品の感想はしばしばネットにあがりますが、これらを網羅的に、あるいは部分的にでも論じている人を僕はほとんど知りません。商業作品のドラマCDはともあれ、アマチュアやセミプロによる同人ボイスドラマは存在すら知られていないのが実情だと思います。

ところが、このカルチャーは2000年代を通じてなかなか侮れない影響力があったのではないか、とも思うわけです。

たとえば、ニコニコ動画黎明期から活動を続けているIOSYSさんのアレンジCDには楽曲の間と間に多くのコントというか「茶番」ともいうべきもの挿入されています。こうした茶番劇やコントがもてはやされたのはネットの登場後というわけではありませんが、こうした編成は一般的な音楽CDではまず耳にしないだろうと思います。

ネットカルチャーにおいても、茶番(劇)は広い影響を持っていました。ボーカロイドの鏡音レンがロードローラーをシンボルにした(最近はみませんが)のはこうした茶番によるものでした。

また、2012年ごろに人気を博したとなったフリーホラーゲーム「Ib(イヴ)」では、そのボイスドラマが公式版と非公式版が製作されて話題になりしましたし、次回詳しくふれるように、TRPGのリプレイやボーカロイドゲーム実況にいたるまで「声のカルチャー」はいまやネットカルチャーになくてはならないものになっているように思います。

もちろん、これらは様々な背景があって、その源流に具体的な何かがあると指摘できるものばかりではありません。けれども、ここに「同人音楽」と「声のカルチャー」との融合が作りだした音系同人の影響があったのではないか、と思うのです。
1
2

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「インターネット」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 74

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?
新世紀の音楽たちへ  第8回「ボイスドラマの変化と『即売会』の役割」
連載
新世紀の音楽たちへ
全9記事

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ