70

最新ニュースを受け取る

『宇宙兄弟』二次創作物がメルカリで販売開始! ネイルや編みぐるみなど40点以上

『宇宙兄弟』第1巻

個人売買のプラットフォームを提供するフリマアプリ「メルカリ」にて、小山宙哉さんによる漫画『宇宙兄弟』における二次創作グッズの公式販売が1月23日より開始した。

「クリエイターズ宇宙兄弟(ハンドメイド)」と題された専用のカテゴリページには、編みぐるみやiPhoneケース、モバイルバッテリー、オーダーネイルなど、40点以上のハンドメイドグッズが出品されている。公式ということもあり、作者の小山宙哉さんもTwitter上で販売されている作品をチェックしているようだ。 昨年6月に第1弾として提携が発表されたオンライン位置情報ゲーム「Ingress(イングレス)」に続く新たな試みとして、その動向に注目が集まっている。

売り上げからロイヤリティを支払い

法的には違法という見方が強いものの、最低限のマナーを守り、あくまでファン同士の交流の一環として広く普及している二次創作活動。公式で公認するのではなく、著作者の黙認や理解の上で成り立っているケースがほとんどだ。

そんな「グレーゾーン」とも言える二次創作物を、フリマアプリ「メルカリ」が、昨年6月に公式で流通させる取り組みを発表した。 image002 その第1弾の提携先として発表されたのが、ファンによる創作活動が盛んだった「Ingress」。売り上げからライセンス・ロイヤリティ(10%)とメルカリへの手数料(10%)を支払う(自動差し引き)ことで、公式公認グッズを販売することができるという仕組み。 image001 今回の『宇宙兄弟』も同じ仕組みで公式流通が可能となっており、特設ページでは、事細かな条件が丁寧に説明されている。

同人誌はNG、ハンドメイドのアイテムのみ販売可能

『宇宙兄弟』がメルカリとコラボ 説明によれば、メルカリでの販売が認められているのは、あくまで創造性のあるオリジナルのハンドメイド作品。
作品例2

作品例

作品例3

作品例

漫画の二次創作物としてイメージしやすい同人誌など、『宇宙兄弟』のキャラクターが登場するストーリーを含んだ作品は認められていない。ちなみにすでに提携している「Ingress」に関しては、基本的には認められている。

非公式のハンドメイドや最近ではゲームのアカウント売買など、著作権に関しては無法地帯というイメージの強い「メルカリ」。その一方で、ファンが安心して創作活動を行えるプラットフォームを提供していることには、意外な声も上がっている。

メルカリのプレスリリースには、「ファンコミュニティによる二次創作グッズの作成・流通が盛り上がり、作品ファンのコミュニケーション増加・コミュニティ活性化のきっかけになることを期待しております」と綴られており、今後、他の作品との取り組みも期待されている。

こんな記事も読まれています

関連商品

宇宙兄弟(30) (モーニングコミックス)

著者 : 小山宙哉
発売 : 2017年1月23日
販売元 : 講談社

関連キーフレーズ

「メルカリ」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 14

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ