SUB CATEGORY

少年漫画

しょうねんまんが

少年漫画は、小学校高学年から高校生までを想定読者としている漫画および漫画雑誌。代表的な少年誌としては『週刊少年ジャンプ』(集英社)、『週刊少年サンデー』(小学館)、『週刊少年マガジン』(講談社)、『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)などがある。またTVアニメに数多くの原作を提供しているのも少年漫画である。

概要

当初は小学生から高校生を対象としていたものの、現代では読者層の幅を広げ、少年だけでなく20代以上の大人も魅了する作品が増えている。

例えば藤本タツキが『週刊少年ジャンプ』で2018年12月から2020年12月まで連載していた『チェンソーマン』は、少年漫画らしくない少年漫画の代表的事例だろう。主人公・デンジが悪魔と契約して悪魔を狩る「デビルハンター」となり、「チェンソーマン」として戦うダークファンタジーは、「少年漫画の臨界点」とも評される過激な描写と怒涛の展開が話題を呼んだ。

同時に、アニメ化作品が多いのも少年漫画の特徴であり、前述の『チェンソーマン』に加え、『鬼滅の刃』『呪術廻戦』(ともに『週刊少年ジャンプ』)、『東京卍リベンジャーズ』(『週刊少年マガジン』)といった近年のヒット作はもちろん、『名探偵コナン』(『週刊少年サンデー』)などの長寿アニメも少年漫画から生まれている。

記事アクセスランキング

アニメ・漫画

似たようなキーフレーズ

殺人事件などが描かれたシナリオが用意され、プレイヤー達はその登場人物となって事件の真相を探る遊び。 プレイヤー達が演じるキャラクターの中には犯人や、場合によってはその共犯なども含まれているため、嘘をついたり情報を隠したりと必ずしも全員が事件...

アナログゲームの1種。 現代においては、家族や友人同士で遊ぶことを前提とし、幅広い年代の人が楽しめるようにある程度の戦略性と運の要素を併せ持つという傾向がある。 上記の形式がドイツで発展したことから、ドイツゲームと呼ぶこともある。...

「TRPG」は、進行役・ゲームマスターが用意したシナリオの登場人物となってキャラを演じるトーク型のロールプレイングゲーム「テーブルトークRPG」の略称。 ゲーム機などを使わずに、紙や鉛筆、サイコロなどを使って、会話とルールブックのルールに従って遊ぶ...

近年台頭する、インターネット上での音楽活動を出自に持った、新たな感覚の音楽家たちのこと。 ボーカロイドプロデューサーとして活動していた人も多く、イラストレーションやアニメーションを用いたMVやビジュアル、漫画やゲームなどの文化や物語を背景に感...

iPhoneやiPad、Macといったハードウェアや、iCloud、Apple Musicなどのサービスの開発・販売を行うIT企業。現在のCEOはTim Cookさん。

東京都渋谷区に位置する、JR渋谷駅を中心とする地域。 アパレルショップやクラブ、ライブハウスなどが多く存在し、若者文化の発信地としても知られる。 常に変化し続ける場所で、東京ひいては日本の文化が最も色濃く現れる場所の一つ。 2020年以降は、コ...

ソーシャル・ネットワーキング・システムの略。Web上で社会的な関係を構築できるサービスのこと。代表的な例としては、LINE、Twitter、Instagram、TikTokなどが挙げられる。

同じカテゴリーのキーフレーズ

アニメ・漫画

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ