宇木敦哉

うきあつや

宇木敦哉とは、北海道出身・札幌在住のアニメ監督・漫画家・イラストレーター。北海道教育大学美術科卒業。


アモン・ゲーム』で漫画家デビュー。携わった代表作は『センコロール』『つり球』『デジモンアドベンチャー tri.』等。


エンドカードは『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』7話『ギルティクラウン』6話等を担当した。


2016年9月現在、Twitterアカウントは運用していない模様。

宇木敦哉とは

宇木敦哉とは、北海道出身・札幌在住のアニメ監督・漫画家・イラストレーター。北海道教育大学美術科卒業。

イラストレーターのmebae、漫画家の市川春子と同じ大学の研究室出身。

Twitter等のSNSアカウント

Twitterは運用していない模様。公式サイトにTumblrへのリンクが貼られており、ここからイラストを見ることができる。

バイオグラフィー

2005年、アフタヌーン四季賞夏のコンテストにて『アモン・ゲーム』が大賞を受賞。月刊アフタヌーン2005年9月号に同作が掲載され、漫画家デビュー。

若手アニメクリエーターを発掘、育成する事業である動画革命東京の第一期支援作品に選出され『センコロール』をほぼ一人で制作。同作は2009年8月22日に公開され、平成21年度(第13回)文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品アニメーション部門/短編に選ばれた。

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』エンドカード

2010年10月から放送されていたテレビアニメ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』7話ではエンドカードを担当。

さらには集英社ヤングジャンプ増刊「アオハル」の表紙イラストを担当。

『ギルティクラウン』エンドカード

2011年10月から放送されていたフジテレビ系列ノイタミナのオリジナルアニメ『ギルティクラウン』6話ではエンドカードを担当。

2012年4月から放送が開始されたフジテレビ系列ノイタミナのオリジナルアニメ『つり球』では、キャラクターデザインを担当。

2014年夏に『センコロール』の続編を公開予定だったが、作業が間に合わずに延長となった旨のコメントを発表した。

2015年に放映が決定しているデジモンシリーズ最新作『デジモンアドベンチャー tri.』のキャラクターデザイン・原案を担当。

似たようなキーフレーズ

中山信一とは、1986年横浜生まれのイラストレーター、ラッパー。多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業
、多摩美術大学大学院博士課程前期グラフィックデザイン研究領域修了。...

John Hathwayとは、イラストレーター、美術家、ハード・ソフトウェア開発者。同人サークル・JH科学主宰。なお、企業・JHラボに所属している。 名前からして一見外国人のように思えるが、実は日本人だということ。本名は非公開で、英語は話...

ドット絵などの表現を中心としたイラストレーター/アーティスト。映像制作やロゴ、フライヤーのデザイン、劇団範宙遊泳のアートディレクションなどもつとめる。

redjuiceとは、イラストレーター。テレビアニメやゲーム関連のキャラクターデザイン・イラストレーションで活躍。また、クリエイター集団・supercellのメンバーとしても活動している。 HNの「juice」から「しる」と呼ばれることも多く、pixi...

岸田メルとは、1983年9月3日生まれ(2016年7月現在、32歳)・愛知県名古屋市南区出身のイラストレーター。サークルとして活動する際の名義は迷子通信。 メル先生の愛称でファンから親しまれているほか、熱心なアイドルヲタクとしても知られて...

error403(読み方:えらーよんまるさん)とは、1990年生まれ・北海道出身のフリークリエイター。Twitter上や作品上でのキャラクター名も指す。 代表キャラクターはエラーくん。/ ◉◉ \。LINEスタンプ・iPhoneケース・手帳等が発売されている...

江崎びす子とは、1995年1月30日生まれ・東京在住のイラストレーター。性別は男性で身長は178cm。代表キャラクターはメンヘラチャン、うさたん、激動のまなぴす等。 2013年末、自身が大学受験を目前に控えていた時期に現実逃避として描いた...

同じカテゴリーのキーフレーズ

イラスト・アート

更新日: 1497日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ