KAWS

かうず

KAWSは、ニュージャージー州ジャージーシティー生まれの現代美術家。ポップアーテイスト。ブルックリン在住。1974年生まれ。ニューヨークの街角の広告にバッテン目のキャラを描きこんだグラフィティで一躍注目を集める。

概要

90年代初期よりストリートでのグラフィティを開始。

その活動範囲は広く、ニューヨーク、ロンドン、ベルリン、ミュンヘン、東京、香港、メキシコシティーに及ぶ。

1999年、初の作品集である「EXPOSED」がパリのコレットとシアトルのAROの協力を得て出版。コレットでの展覧会を行いイブ・サン・ローランの40周年を記念して出版された本にも掲載される。

また同年、東京のHECTICによって「COMPANION」というタイトルのフィギュアを制作。

2013年5月2日から2013年5月29日にかけて、村上隆が所有するKaikai Kiki Galleryにて個展「Ohhh…」を開催。

2016年、ユニクロのとのコラボレーションでTシャツシリーズを発表。

2018年3月22日から5月12日にかけて、個展「KAWS SOLO SHOW」を東京・六本木のアートギャラリー「ペロタン(PERROTIN)」で開催。

2019年、ユニクロとのコラボレーションTシャツを中国で販売。6月3日、午前0時にネットで販売が開始されるも、1分後に売り切れる事態に。「確保」に失敗した人たちが実店舗に押し寄せ、暴動となった。

作風

キャラクターの目を××(バッテン)に書き換えてしまうサンプリングや、大きな白い歯が並ぶアートや巨大なフィギュアが有名。

サンプリングの対象もミッキーマウスやスポンジボブ、ミッフィー、スターウォーズといった世界を代表するキャラクターから、鉄腕アトム、ドラゴンボール等、現代ポップカルチャーの有名キャラクターまで全般に及ぶ。

また、COMME des GARÇONSA BATHING APE BAPE、ユニクロ、NIKE、SUPREMEといった数々の人気アパレルブランドとのコラボも積極的に展開している。

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ