葛飾北斎

かつしかほくさい

江戸時代後期の浮世絵師。代表作に『富嶽三十六景』や『北斎漫画』がある。1999年、米ライフ誌「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」に唯一選ばれた日本人である。

このキーフレーズの本文は
まだ作成されていません。

似たようなキーフレーズ

喜多川歌麿

江戸時代中・後期の浮世絵師・狂歌師。寛政3年女性美の理想的表現法、美人大首絵を発表、世人の注目を集めた。代表作に「寛政三美人」「たのしきまとひ」等がある。

鈴木春信

江戸時代中期の浮世絵師。明和2年(1765)に江戸の文化人のあいだで流行した絵暦を作成した中心人物。幻想的で可憐な美人画を描き、人気を博した。「錦絵の祖」と呼び称される。...

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag
更新日: 1615日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ