春画

しゅんが

江戸時代に流行した浮世絵の一種で、性風俗を描いた肉筆、版画などを指す。「春画」という呼称が一般的だが、「枕絵」「笑い絵」 や、「絵本」「艶本」「会本」「笑本」など、様々な呼び方がある。

目次

概要

同じカテゴリーのキーフレーズ

イラスト・アート

更新日: 2023日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ