LINEが調査 若年層の流行TOP3に 「チェンソーマン」「silent」「W杯」

LINEが調査 若年層の流行TOP3に 「チェンソーマン」「silent」「W杯」
LINEが調査 若年層の流行TOP3に 「チェンソーマン」「silent」「W杯」

第2部の連載開始以降、初めて刊行された漫画『チェンソーマン』単行本12巻/画像はAmazonから

リサーチプラットフォーム・LINEリサーチが、四半期ごとに行っている若年層の流行に関する定点調査の2022年下半期(9月と12月)の結果を公開した。

最新の12月の調査では、サッカーの国際大会「FIFAワールドカップ」、TVアニメが放送された「チェンソーマン」、10月から12月まで放送されたドラマ「silent」などが上位に入っている。

なお、今回は全国の15歳〜24歳のLINEユーザー約4500人に対するアンケート調査の結果となっている。

12月の男女別・年齢別の調査結果

9月は映画も公開された「ONE PIECE」に注目集まる

9月と12月の総合TOP10

2022年9月の調査で総合TOP10に入ったのは、8月に劇場版が公開された「ONE PIECE」、ByteDanceが運営するSNS「TikTok」、9月にシリーズ最新作が発売されたゲーム「Splatoon」など。

1位の「ONE PIECE」に関連して映画「ONE PIECE FILM RED」も4位に入っているほか、6月の調査で総合1位だった「SPY×FAMILY」が8位、「ちいかわ」が10位に入るなど、アニメの影響を感じさせる結果になった。

12月はサッカーW杯、チェンソーマン、ポケモンなど

続く12月の調査では、TOP3がすべて入れ替わる形に。

1位は日本代表の活躍も記憶に新しい「FIFAワールドカップ/W杯」、2位はMAPPA制作のアニメが好評だった「チェンソーマン」、3位は川口春奈さんと目黒蓮さんが出演したドラマ「silent」となった。

1位の「FIFAワールドカップ/W杯」に関連して「サッカー」が9位にあるほか、ゲームのシリーズ最新作が発売された「ポケットモンスター/ポケモン」「ポケットモンスター スカーレット・バイオレット」もランクイン。

9月の調査結果から引き続き名を連ねたのは、「Splatoon」「SPY×FAMILY」「ちいかわ」「TikTok」の4つとなる。

1
2

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

情報化社会の週間ランキング

情報化社会の画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ