29

メタバース内ハラスメントの実態 オランダでバーチャル美少女ねむが講演

メタバース内ハラスメントの実態 オランダでバーチャル美少女ねむが講演

「Immersive Tech Week 2022」でのNem x Milaの発表

メタバース文化エバンジェリスト/バーチャルYouTuber(VTuber)のバーチャル美少女ねむとスイスの人類学者のミラ(リュドミラ・ブレディキナ)が、XR(クロスリアリティ)の祭典「Immersive Tech Week 2022」へ12月1日に登壇し発表を行った。

2人は、XR空間におけるクリエイティビティに特化した「クリエイターズコーナー」にオンライン登壇。11月8日に公開したソーシャルVR内でのハラスメント実態調査に関して、「Reality in Metaverse Harassment(和訳:メタバースハラスメントの実態)」と題して発表。現地からも複数の質問が寄せられていた。

XRの祭典「Immersive Tech Week 2022」とは?

「Immersive Tech Week 2022」は、VRDays Europeが運営し、11月28日から12月2日までの5日間オランダ・ロッテルダムで開催されたイベント。XR関連企業・研究者・アーティストなどが集まり、ワークショップや講演などが行われた。

そのプログラムのひとつ「クリエイターズコーナー」では、クリエイターや研究者・開発者が、XRの最新の動向やそのつくり方についてショートプレゼンテーションを実施。

バーチャル美少女ねむとミラは、メタバースならではのハラスメントの実態や対応策、ユーザーの要望などを大規模調査のデータに基づいて詳しく解説。メタバースの実際の生活風景を見せながら説明した。
「メタバースでのハラスメント」調査報告会
今回「Immersive Tech Week 2022」で発表した内容は、バーチャル美少女ねむとミラが、メタバースでのハラスメントの実態、そこからかけ離れた議論が横行する現状に一石を投じるため、全世界のソーシャルVRユーザー876名から得た調査の回答を分析したもの。

レポートはよりよいメタバースに向けた議論を活性化するため、noteで無償公開されている(外部リンク)。

メタバース研究ユニット「Nem x Mila」とは

(左)バーチャル美少女ねむ:日本のVTuberで、メタバース文化エバンジェリスト。HTC公式VIVEアンバサダー。2022年に解説書『メタバース進化論(技術評論社)』を出版。(右)ミラ:スイス・ジュネーブ大学修士号を取得。現在はフリーの人類学者。2022年に「バ美肉」「VTuber」に関する修士論文でジュネーブ大学のジェンダー分野の学術賞「プリ・ジャンル」を受賞。

バーチャル美少女ねむとミラによる研究ユニット・Nem x Mila(ねむみら)。「メタバースでのハラスメント」は、Nem x Milaの調査プロジェクト第3弾となる。

2022年の活動としてはその他、5月に韓国のユーザーを対象にした、ソーシャルVRにおける生活実態調査レポートを公開

また、8月にはアメリカの広告会社・TBWA Worldwideのカルチャーインテリジェンスチーム「Backslash(バックスラッシュ)」のYouTubeチャンネルに出演し、VTuberやメタバースにおいてアバターが与える個人のアイデンティティへの影響を解説している。

バーチャル美少女ねむの関連記事

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

26
Share
1
LINE

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

このページは株式会社カイユウのKAI-YOU.net編集部が作成・配信しています。株式会社カイユウについては、会社サイトをご覧ください。
KAI-YOU.netでは、文芸、アニメ、漫画、YouTuber、VTuber、音楽、映像、イラスト、アート、ゲーム、ラッパー、テクノロジーに関する最新ニュースを毎日更新中。ユーザー投稿記事は、ポップカルチャーの最新情報をお届けするべく、「記事投稿」機能を利用してユーザーのみなさんから投稿された記事を、編集部による厳正な審査と、校閲・校正を経て掲載しています。審査の基準や機能については、ユーザー機能ヘルプページをご覧ください。

ページトップへ