SNSで過熱するゲーム『Wordle』米紙NYタイムズが買収 ポケモン版二次創作も続々

SNSで過熱するゲーム『Wordle』米紙NYタイムズが買収 ポケモン版二次創作も続々
SNSで過熱するゲーム『Wordle』米紙NYタイムズが買収 ポケモン版二次創作も続々

『ポケモンWordle』/画像はスクリーンショット

POPなポイントを3行で

  • Twitterで過熱する『Wordle』
  • 二次創作としてポケモン版が次々登場
  • 本家はNew York Timesが買収
近頃、Twitterで人気が過熱する単語当てゲーム『Wordle』。

その非公認の二次創作として、ゲーム「ポケットモンスター」シリーズに登場するポケモンの名前を当てる『Wordle』が次々と開発されている。

1月29日、Twitterでちゅうさんが開発した『POKEDLE』が公開。また、1月30日にはWebエンジニアのやどさんによる『ポケモンWordle』が投稿された。

シンプル簡単な『ポケモン』名前当てゲーム

いずれもゲームシステムは本家『Wordle』と同様。

まず、お題のポケモンの名前を予想してポケモンの名前を入力する。入力した文字がお題に含まれていれば、そのマスが黄色に変化。さらにその位置も合っていれば、そのマスが緑色になる。

その情報をもとに数が限られた回答権利を使って、日替わりのお題を当てるというゲームだ。

『POKEDOLE』/画像はスクリーンショット

『POKEDLE』の場合、お題には最新作のポケモンまで含み、9回まで回答が可能。一方『ポケモンWordle』は、『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』までに登場したポケモンがお題に登場し、10回まで回答することができる。

ただし、『POKEDLE』とは異なり4文字以下のポケモンの名前も入力することができる(お題は名前が5文字のポケモン)。

また本家とは異なり、他のプレイヤーと合言葉を決めて同じ問題に挑戦できる「エンドレス」も実装されている。こちらではお題に最新作のポケモンまで含む。

本家『Wordle』はNew York Timesに買収

ジョシュ・ワードル(Josh Wardle)さんが開発した単語当てゲーム『Wordle』。

黒・黄色・緑の四角形が並ぶ、一見意味不明なツイートが多数のTwitterユーザーに投稿され、一大トレンドとなっている。

その人気のあまり、AppleのApp Storeでコピーアプリが大量に投稿・削除されたり、有志の手によって日本語版の二次創作「WORDLE ja」が制作されたりと話題に事欠かない。

さらに、本家の『Wordle』はNew York Timesによって買収されたことが発表されている(外部リンク)。

世界で愛されるキャラクターコンテンツ『ポケモン』

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

ゲームの週間ランキング

ゲームの画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ