15

野田クリスタルのゲーム第2弾『スーパー野田ゲーWORLD』 クラファンは早くも絶好調

野田クリスタルのゲーム第2弾『スーパー野田ゲーWORLD』 クラファンは早くも絶好調

『スーパー野田ゲーWORLD』

POPなポイントを3行で

  • 吉本興業が新サービス・FANY GAMESを始動
  • プロジェクト第1弾『スーパー野田ゲーWORLD』発表
  • 野田クリスタル制作『スーパー野田ゲーPARTY』の続編
吉本興業ホールディングスが新サービス・FANY GAMESを始動。プロジェクトの第1弾として、野田クリスタルさん(マヂカルラブリー)らによる『スーパー野田ゲーPARTY』の続編『スーパー野田ゲーWORLD』が発表された。

本作の開発資金調達のため、8月19日(木)22時から「FANY Crowdfunding」でクラウドファンディングが始まっており、記事公開時点までに約860万円が集まる好スタートを切っている。 なお、現在クラウドファンディングのページでは目標金額137万円とされているが、これは表示ミスとのこと。正しい目標金額は1357万3000円であると、Twitterで改めて発表されている。

リターンは実際にゲームに登場するBGMやイラストなどの素材、または何かしらのアイデアを提案するものや、エンドロールに名前が載る権利など様々なものが用意されている。

開発チームにアイデアを一方的に送りつける権/金額:1000円 口数:無制限

「つり革」の乗客になれる権/金額:10,000円 口数:100

「つり革」の駅名アナウンス権(一路線分)/金額:30,000円 口数:10

あなたのマッチョが登場できる権/金額:10,000円 口数:100

世界とつながる『スーパー野田ゲーWORLD』

野田クリスタルさん

後藤裕之さん

『スーパー野田ゲーWORLD』は、4月に発売された『スーパー野田ゲーPARTY』を監督した野田クリスタルさん(マヂカルラブリー)と、『ことばのパズル もじぴったん』の生みの親で、面白法人カヤック所属のゲームクリエイター・後藤裕之さんが再びタッグを組んだ、Nintendo Switch専用ダウンロードゲーム。

なお本作は、世界中の人とオンライン対戦できるゲームになる予定。

野田クリスタルさんは続編の発表にあたって、「スーパー野田ゲーPARTYではいろいろお世話になりました! また身の丈に合わない試みをしようとしてますので、 ご興味ある方是非ご協力お願いします! みんなと野田ゲーをオンラインで対戦できるのを心待ちにしています!」とコメントしている。 前作『スーパー野田ゲーパーティ』はクラウドファンディングで目標額400万円を大幅に上回る1357万3000円が集まり、約2000人の支援者と共にゲームを制作。

4月29日の発売から2日でNintendo Switchの4月のダウンロードランキングで2位となり、販売数は7月末までに約8万本を記録している。

『野田ゲー』好きならこちらもどうぞ

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

2
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ