7

マヂカルラブリー 野田クリスタル『野田の日記』 笑いと悲哀に満ちた15年を綴る

マヂカルラブリー 野田クリスタル『野田の日記』 笑いと悲哀に満ちた15年を綴る

『野田の日記 2006-2011(はじめのほう) それでも僕が書き続ける理由』書影

POPなポイントを3行で

  • マヂカルラブリー・野田クリスタルの日記
  • 限定販売品が加筆・修正を加えて書籍化
  • 唯一のトリプルファイナリスト、破天荒芸人の原点
お笑いコンビ・マヂカルラブリー野田クリスタルさんが、書籍『野田の日記』を3月23日(火)に発売する。

発売されるのは、『野田の日記 2006-2011(はじめのほう) それでも僕が書き続ける理由』『野田の日記 2012-2020(あとのほう) それでも僕が書き続ける理由』の2冊。

本書はグッズとして限定販売されていた『野田の日記』に、加筆・修正を加え書籍化したものとなる。

『野田の日記 2012-2020(あとのほう) それでも僕が書き続ける理由』書影

唯一のトリプルファイナリスト・野田クリスタル

野田クリスタルさんは、お笑いコンビ・マヂカルラブリーのボケ担当。

2018年にはコンビで「キングオブコント」決勝に進出し、ピンでは2020年に「R-1ぐらんぷり」優勝。コンビでは2020年に「M-1グランプリ」優勝を果たしており、2021年現在唯⼀のトリプルファイナリストだ。
【ストV】負けるたびに服を一枚脱がなくてはいけない脱衣ストリートファイター
マヂカルラブリー【決勝ネタ】1st Round〈ネタ順6〉M-1グランプリ2020
書籍では野田クリスタルさんが2006年より書き続け、2015年にはグッズとして限定発売していた『野田の日記』を大幅に加筆修正。

さらに、「M-1」「R-1」優勝時の書き下ろし日記、野田さんがこよなく愛するハムスター「はむはむ」の成長日記も収録される。

コンビ結成と解散を繰り返しピン芸人を経てたどり着いた破天荒芸人の原点が収められる。

ピース・又吉直樹さん 推薦
みじめで、アホで、天才でした。
笑いながら読みましたが、たまに⼼配にもなりました。でも結局笑いました。

東野幸治さん 推薦
私の中で野⽥クリスタルは謎だらけ。
この本には野⽥クリスタルのことが⾚裸々に描かれているに違いない!
頼む、本当のお前を教えてくれ!

笑いは人の薬

こんな記事も読まれています

作品情報

『野田の日記 2006-2011(はじめのほう)それでも僕が書き続ける理由』『野田の日記 2012-2020(あとのほう)それでも僕が書き続ける理由』

各定価
本体1,300円+税
版型
四六判(はじめのほう)304P、(あとのほう)324ページ 
ISBN
(はじめのほう)978-4-8470-7038-9 C0095、(あとのほう)978-4-8470-7045-7  C0095
発行
ヨシモトブックス
発売
株式会社ワニブックス

関連キーフレーズ

3
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ