47

月ノ美兎、悠木碧、つづ井も選出 「pixiv創作マンガ2021」MVPは『同人女の感情』

月ノ美兎、悠木碧、つづ井も選出 「pixiv創作マンガ2021」MVPは『同人女の感情』

「pixiv創作マンガ2021」

POPなポイントを3行で

  • 「pixiv創作マンガ2021」に選出された10作品が発表
  • 月ノ美兎、悠木碧らが選考、総合MVPは『同人女の感情』
  • ほか『ゲダラ』『ハンバーガーちゃん絵日記』など
イラスト、マンガ、小説作品の投稿プラットフォーム・pixivが、「pixiv創作マンガ2021」を発表した。

2020年1月から12月にpixivへ投稿されたオリジナル漫画から魅力的な作品を表彰するアワードで、VTuberの月ノ美兎さんや声優の悠木碧さん、つづ井さんが特別選考委員を担当。ほかpixivコミック編集員などによる選出で、計10作品が選ばれている。

選出された10作品(敬称略)
・真田つづる『同人女の感情』
・寺田亜太朗『ゲダラ』
・Jolly『負け犬の絵画教室』
・田ばた『ハッピーバレンタイン』
・山本白湯『姫と騎士たち』
・鼻チュー(安堂維子里)『くも膜下出血で入院した話』
・ハンバーガー『ハンバーガーちゃん絵日記』
・八木戸マト(焼きトマト)『就活失敗したサキュバスさんを拾いました』
・はなげのまい『兄貴の友達』
・on『あと少しで人魚姫』

また3月22日(月)までの期間中、原宿の複合型ショップ「baseyard tokyo」の2階にある「backyard MANGA & SPACE」で特別展が開催中。

入選作品を大判で展示するほか、入選作家に影響を与えた漫画作品が展示されている。

【画像】「backyard MANGA & SPACE」での展示イメージ

総合MVP『同人女の感情』は書籍化も果たした話題作

特別選考委員の一覧

pixivコミック編集部が、特別選考委員ととも選出した「pixiv創作マンガ2021」。

特別選考委員の月ノ美兎さんや悠木碧さんが選出した作品、ユーザーからの支持が高かった作品など、バラエティに富んだラインナップになっている。

なお選考で多くの支持を得て総合MVPに輝いた真田つづるさんの『同人女の感情』は、2020年11月に『私のジャンルに「神」がいます』に改題され書籍化も果たしている。

選出10作品の紹介と選考員のコメント

真田つづる『同人女の感情』(総合MVP)
【作品紹介】
同人小説に携わる女子たちが、お互いや作品に対して抱く喜び、悲しみ、不安、あこがれ、嫉妬が入りまじった巨大な感情の渦に呑みこまれて──。Twitterでトレンド入りするなど話題沸騰の本作。あなたも伝説の目撃者になりませんか?

【選考委員からのコメント】
今回の選考よりも前にお見掛けしたことがある作品で、鮮烈に印象に残っていました。インターネットでオタクをする上で、なかなか言語化しづらい現象や気持ちを描写されるのが、本当に上手いと感じます。「おけけパワー中島おまえさぁ…」というワード、大好きです!(月ノ美兎)

寺田亜太朗『ゲダラ』(月ノ美兎選)
【作品紹介】
孤児院育ちの主人公を引き取った義父母が怪物「ゲダラ」に殺されてしまう。結果、居場所のなかった主人公の手に、一軒の家が転がり込んできた。しかしそこはゲダラの棲み処で──。2015年に雑誌掲載された作品が、pixivに再登場。

【選考委員からのコメント】
人智の及ばない物事に対して、生まれ持った図太さ一本で立ち向かう人間…というのがとっても大好きな構図でした。キャラクターの鬼気迫った表情や絵柄に引き込まれました。1話完結らしいのですが、この後もゲダラと共生していくワサビくんが見たいです!(月ノ美兎)

Jolly『負け犬の絵画教室』(悠木碧選)
【作品紹介】
アニメ会社をクビになり、彼女にもふられ、描きたいものがわからなくなった絵描きの男。おとなりの少年に絵を教えることになって、忘れてしまっていた夢を……? 社会人がいつの間にか取り落としてしまう、あの輝きに出会いませんか。

【選考委員からのコメント】
ただ楽しく表現をすることの難しさが、切ないお話の中に詰まっていて、何度も泣いてしまいました。作中と違い現代は戦時中ではありませんが、作ったものは必ずしも他者に意味を与えないといけない、意味がある方が凄い、という風潮は残っています。けれど本当は、子どもが描いた好きな物の絵も、大人が描いた好きな物の絵も、まず描いた本人の為にある。値段ではない価値がそこにある。そうあってほしい、という切なる気持ちになりました。ものを作るものの端くれとして、色んなことを考えさせてもらいました。(悠木碧)

田ばた『ハッピーバレンタイン』(つづ井選)
【作品紹介】
高校生活で初めてのバレンタイン。仲良しの金ちゃんと笑太は、やっぱりチョコがもらえるか気になるご様子。どっちがモテるか勝負と言い合うふたりの男子高校生のおバカな日常風景がキラキラ……とにかくほのぼのかわいく癒やされます!

【選考委員からのコメント】
バレンタインにチョコをもらいたい男子高校生2人の、あまりにも可愛らしい日常に癒され、心奪われました!
どこまでも優しく心温まるボーイズのやりとりに、読んでいるこちらまで思わずにっこり穏やかに微笑んでしまいます。
とっても続きが読みたいです、そしてずっといくらでも読んでいたい…。
個人的には、主役の男の子2人の友人である竹田くんと吉くんのこともとっても気になっています。
これからも応援しています、そしてすてきな作品をありがとうございます♪!(つづ井)

1
2

こんな記事も読まれています

43
Share
2
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ