25

「政治への関心が高まる今だからこそ」Netflixで『新聞記者』新シリーズ化

「政治への関心が高まる今だからこそ」Netflixで『新聞記者』新シリーズ化

Netflixオリジナルシリーズ「新聞記者」主演の米倉涼子さん

POPなポイントを3行で

  • Netflixオリジナルシリーズ『新聞記者』が発表
  • 映画版とは異なるアプローチで現代社会問題を浮き彫りに
  • 主演は米倉涼子、監督は映画版と同じく藤井道人
第43回アカデミー賞の最優秀作品賞を含む主要3部門を獲得した映画『新聞記者』の新たな物語が、2021年よりNetflixオリジナルシリーズとして配信される。

映画版とは違ったアプローチで現代社会の問題を浮き彫りにしていく本作。

“新聞業界の異端児”と呼ばれる本作の主人公・松田杏奈を演じるのは、女優・米倉涼子さん。監督は、映画版に引き続き、藤井道人さんが務める。

タブーに切り込む衝撃作『新聞記者』

『新聞記者』予告編
東京新聞の記者・望月衣塑子さんの同名書籍を原案にした映画『新聞記者』。

2019年に松坂桃李さんとシム・ウンギョンのダブル主演で映画化されると、近年の政治事件やスキャンダルに記者目線で切り込んだ衝撃的でスリリングな内容が話題を呼び、多くの観客の関心を集めた。

第43回日本アカデミー賞では、作品賞をはじめ主演男優賞、主演女優賞と主要3部門で最優秀賞に輝いた。

『新聞記者』米倉涼子ほかスタッフのコメント

米倉涼子さん(松田杏奈役)コメント
自身の信じるものを貫くことが難しいこの世の中で、忖度なく、慣例や慣習を打ち破って突き進む新聞記者・松田杏奈。
全く新しい、強く、ひたむきで魅力的な女性を演じられるよう精一杯挑みます!
杏奈がどのように、正義を貫き、今の時代と対峙するのか。
ぜひご期待ください!

河村光庸さん(原案・企画・制作)コメント
世界の人々の価値観を根底から変えようとしているWithコロナの時代。
社会の「自主規制」の強要に呼応するかのように多くの報道メディアは、「同調圧力」を加速させ、社会に「分断」と「委縮」を持たらしました。果たして我々は「多様性」「創造性」を踏みにじられ、「寛容な社会」のカケラさえ見出すことのできない時代に葬られてしまったのでしょうか?
「映画こそ自由な表現を」の旗を掲げ、報道の在り方を問い、多くの賛同を得た映画『新聞記者』は、全く衣を変え、Netflixオリジナルシリーズ「新聞記者」として世界へと羽ばたきます。
どうぞお心を向けて下さるようお願い致します。

坂本和隆さん(エクゼクティブ・プロデューサー/Netflix コンテンツ・アクイジション部門 ディレクター) コメント
政治への関心が高まる今だからこそ、映画『新聞記者』の藤井道人監督、河村光庸プロデューサーと共に、米倉涼子さんを主演に迎え、映画版とは違う主人公、物語で描く、Netflixオリジナルシリーズ「新聞記者」を楽しみにしてください。
生まれ変わった『新聞記者』、2021年の公開をお楽しみに。

Netflixがアツい!

こんな記事も読まれています

作品情報

「新聞記者」

監督 藤井道人
脚本 山田能龍 小寺和久
撮影 今村圭佑
照明 平山達弥
美術 部谷京子
エグゼクティブ・プロデューサー 坂本和隆(Netflix コンテンツ・アクイジション部門ディレクター)
原案・企画・制作 河村光庸 スターサンズ
製作・配信 Netflix
配信 2021年、Netflixにて全世界同時配信予定

関連キーフレーズ

14
10
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ