18

POPなポイントを3行で

  • 「文藝」が創刊86年目にして初の2号連続増刷
  • 前号“韓国・フェミニズム・日本”特集が好評
  • 上記特集は11月末に単行本として刊行予定

最新ニュースを受け取る

『文藝』86年目で初の2号連続増刷 「韓国・フェミニズム・日本」特集は単行本化

「文藝」2019年冬季号/画像はすべてAmazonから

10月7日に発売された季刊文芸誌『文藝』2019年冬季号の増刷が決まった。

発売4日での増刷であり、18日以降店頭に到着する予定。

今回の増刷は、1933年の創刊号以来86年ぶりの3刷となった秋季号に続く快挙。2号連続の増刷は『文藝』史上初となる。

品薄続きの『文藝』秋季号

2019年4月発売の夏季号で約20年ぶりに大幅リニューアルされた『文藝』。

その後リニューアル2号目の2019年秋季号(特集「韓国・フェミニズム・日本」)が発売5日での増刷が決定。

さらにその増刷分が予約のみで完売し、創刊号以来の3刷となるなど好調が続いている。文芸誌の増刷は非常に珍しく、多数の媒体でニュースとなった。

現在までの店頭消化率は9割以上とかなりの売れ行きで品薄になっており、通販サイトなどでは価格の高騰が続いている。

前号好評の余波もあり増刷決定

2019年冬季号は発売前から注文が殺到。発売後もSNSを中心に話題となり、今号から定期購読者が倍増したことも後押し。またたく間に品切れ状態となり、今回の増刷に繋がった。

そんな本号は文芸誌初登場の作家が目白押し。

ビートたけしさんが、北野武名義で初の中篇小説『足立区島根町』を発表。また、今年上半期の芥川賞を受賞した町屋良平さんの新作小説『カタストロフ』も掲載される。

加えて「文藝賞」受賞作『かか』(著・宇佐見りんさん)と『改良』(著・遠野遥さん)の2作全文一挙掲載。クリープハイプのボーカル/ギター・尾崎世界観さんが小説「バズの中にはおよそシェア100万個分の栄養素が含まれている」を発表するなど盛りだくさんの内容に。 そのほか、いとうせいこうさんと町田康さんが「詩」と「歌」の関係性をめぐって対談。ラッパーのMOMENT JOONさんやDOS MONOS荘子itさんも登場する。

『文藝』編集⻑・坂上陽子のコメント

『文藝』編集⻑・坂上陽子さんのコメント
国内外で「ことば」を信じる力がゆらぎつつある今、86年続いている文芸誌の現代における役割を日々考え続けています。そうした中、秋季号の「韓国・フェミニズム・日本」特集に続き、多くの読者の方々に今回の「文藝」を楽しんでいただけていることを編集部一同心より嬉しく思います。これからも「文藝」編集部は言葉の力を信じて、最高に面白い誌面をお届けできればと思います。

なお、前号・秋季号の特集「韓国・フェミニズム・日本」は内容を新たに11月末に単行本として刊行予定とのこと。勢いの止まらない『文藝』の今後に大きく期待したい。

出版業界から上がる狼煙

こんな記事も読まれています

書籍情報

文藝 2019年冬季号

発売日 2019年10月7日
サイズ A5
ページ数 552ページ
雑誌コード 07821-11
定価 1485円(税込み)

関連キーフレーズ

「文藝」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 13

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ