9

POPなポイントを3行で

  • 水溜りボンド、史上最大のチキンレース開催
  • 20時に動画投稿、どこまで撮影遅らせられるか
  • 毎日動画投稿している水溜りボンドならではの企画

最新ニュースを受け取る

「俺ら強えから今日は動画休みます。」

チャンネル登録者数400万人を超えるYouTuber・水溜りボンドが10月2日、「俺ら強えから今日は動画休みます。」というタイトルの動画を公開した。

水溜りボンドといえば2015年1月1日から今日まで、1日も欠かさずに毎日動画を投稿し続けていることでも知られているYouTuber。

そんな彼らが「今日は動画休みます」と宣言する違和感はともかく、休むという動画を投稿しているのだからそれはすなわち休んでないということで…。

ただ、今回の本題はそんなことではなかった。

水溜りボンド史上最大のチキンレース

水溜りボンド

画像はすべて「俺ら強えから今日は動画休みます。」のキャプチャ

水溜りボンドは、事前に撮影した動画をストックして投稿することもあるが、その日に撮った動画を投稿する場合、14時から撮影、17時には動画の編集を開始して、20時には完成させ投稿する、というのが基本的な流れだという。

そんな彼らが今回挑戦する企画は「ストック無しでどこまで我慢できる?水溜りボンド20時投稿ギリギリ大作戦」。その名の通り、動画のストックがない状態で、20時に動画を投稿をする前提で、撮影を開始をどこまで遅らせることができるのかという内容だ。 水溜りボンド僕ら男なんですよ」という強気なトミーさんに対して、「狂ってるよこの企画」と弱気なカンタさん。

今回は2人のうち、先に「撮影しよう」と言ってしまった方が負け、という我慢比べ対決だ。 水溜りボンド ちなみに動画の編集はカンタさんが担当、とはいえトミーさんも打ち合わせの時間が迫っていた。2人ともなるべく早く撮影を終えたい状況の中、企画をスタートさせる。

焦るカンタと強気のトミー

水溜りボンド 5年間も続けている毎日流れが体に染み付いているためか、企画が始まってすぐに「罪悪感すごくない?」「めっちゃ怖い」「ストックした方がよくない?」「時間を無駄にするってこと?」とたたみかけるカンタさん。

対して、トミーさんは「そういう企画だからね」と依然強気。2人とも本来であれば編集を始める17時、さらに18時をまわっても「撮影しよう」とは言わない。
水溜りボンド

日付から動画の投稿日であることが読み取れる

しかし投稿1時間前となる19時になって、強気だったトミーさんがソワソワし始めると、カンタさんも「吐きそう(笑)」と我慢の限界に近いていた。

クオリティーは担保したいカンタさんは、焦りからか「どうしたい?」「今日どうする?」と謎の問いかけをトミーさんに投げかけ続けていく。

痺れを切らしたのは追い込んだ側

手は抜きたくない」と言いつつギリギリまで粘るカンタさんを見たトミーさんは「今日のメインチャンネルは20時ぴったり投稿です!」とTwitterに投稿。

追い込まれたカンタさんとを追い込んだトミーさん。緊迫した空気が漂い一瞬2人が黙った次の瞬間、追い込んだ側であるはずのトミーさんがついに口を開いた。 水溜りボンド 記録は19時11分。「1.5倍速の早口で動画を撮れば、0.5倍速で再生した時に普通の速さに聞こえるのでは?」という、なんとも焦っていることが伝わる企画を無事撮影してこの動画は終わる。

しかし、20時投稿には間に合わなかったようで、カンタさんのTwitterでは20時ちょうどに「投稿遅れます。。ごめんなさい。。」とツイートされていた。

水溜りボンドは見るべき

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「水溜りボンド」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 4

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ