28

POPなポイントを3行で

  • 倉持由香著のビジネス書が本日発売
  • グラドル界をサヴァイヴした自己プロデュース術と仕事論
  • 尻職人でゲーマーという最高のグラビアアイドル

最新ニュースを受け取る

「尻職人」倉持由香のビジネス書 グラドル界を革命したプロデュース術

『グラビアアイドルの仕事論 打算と反骨のSNSプロデュース術』/画像はAmazonより

尻職人」こと、グラビアアイドルの倉持由香さん著のビジネス書『グラビアアイドルの仕事論 打算と反骨のSNSプロデュース術』が本日4月25日に発売された。

「尻職人」としてサヴァイヴした、自己プロデュース術

お尻の自画撮りをSNSに拡散し、「#グラドル自画撮り部」を立ち上げ、グラドル界をサヴァイヴしてきた倉持さんが編み出した、SNSによる自己プロデュース術と仕事論が語られている。

「可愛くて胸さえ大きければ水着姿を見せるだけでお金を稼げるから“楽”」。そんな見方もあるなか「現実はめちゃくちゃ厳しいのです!」と語る倉持さん。「芸能界では地位が低く見られがちな私たちの仕事で“稼げる”人はほんのひと握り」だという。 雑誌のグラビア、テレビの一席を巡り、熾烈な競争が繰り広げられるグラビアアイドルの世界を生き残るために必要だったという「打算的な戦略」は、ライフ・イズ・ハードなこの世界を生き抜くヒントになるかもしれない。

また、番外編にはグラビアアイドルの自撮り術なども。トップグラビアアイドルが日々のポストで意識していることが、細かに書かれている。

これを読んだKAI-YOU編集部いちのグラビアファン、キャベツこうべは「わかる...すげぇ...」と舌を巻いていた。

ハードコアなゲーム好きという、すべてを兼ね備えた倉持さん

倉持由香さんは、1991年生まれのグラビアアイドル。コンプレックスであったお尻を「100cmのもっちりヒップ」のキャッチコピーの下に推し始め、美尻を強調した自画撮りをTwitterへ投稿する「尻職人」として注目を集めた。

さらに「#グラドル自画撮り部」を立ち上げ、グラビアアイドルたちが同ハッシュタグを付けて自画撮りをSNSに投稿するムーブメントを生み出した。

理論的にセルフプロデュースをおこなう姿勢と情熱はグラドルファン以外にも広がり、グラビアアイドルとして活躍するかたわら「ミスiD2018」の審査員をつとめるなど、プロデュース活動にも携わる。

また倉持さんは、14歳の頃からゲーム配信をおこなうなど筋金入りのゲーマーとしても知られている。2018年に開催された格闘技ゲームの祭典「EVO」にもストⅤ部門で参加している。

芸能界で生き残るひとたちってすごい

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「倉持由香」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 12

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ