891

まだ「修羅の国」とか言ってんの? ぼくりりと探る北九州の“本当“の魅力

古着・文学・漫画…北九州のポップカルチャーに触れる

北九州に多くのものをもたらした「森鴎外旧居」

北九州市は、文学と所縁の深い土地でもある。中でも「舞姫」などで有名な文豪・森鴎外の旧居に足を運んだ。

森鴎外旧居。当時のものが復元され残っている

ドイツ留学経験をもつ医師であり、かつ軍人である森鴎外の赴任は当時かなりセンセーショナルな話題だったそう。そんな森の話を聞くため、多くの人間が旧居を訪れたそうだ。

ぼくりり「この一文、すごく綺麗な文章ですよね。“綺麗な砂が降るだけの雨を皆吸い込んで、濡れたとも見えずにいる。” まさにいま眺めているここが舞台なんですね」

借家は町の南側になっている。生垣で囲んだ、相応な屋敷である。庭には石灰屑を敷かないので、綺麗な砂が降るだけの雨を皆吸い込んで、濡れたとも見えずにいる。真中に大きな百日紅(さるすべり)の木がある。垣の方に寄って夾竹桃(きょうちくとう)が五六本立っている。森鴎外『鶏』より

『鶏』『独身』『二人の友』は小倉三部作といわれ、『鶏』ではこの旧居が舞台になっている。庭のさるすべりの木も、当時のまま残っている

森鴎外の当時のおもしろいエピソードがある。小倉に着任してすぐのこと。人力車に乗ろうとした鴎外だったが、乗車拒否をされてしまう。理由は、定価分の料金しか払おうとしなかったから。当時の炭鉱ブームに沸く北九州の成り上がりの富豪は、定価の何倍もの賃料を払っていたのだ。

森鴎外は、このことに対して新聞に「我をして九州の富人たらしめば(私がもし九州のお金持ちであったならば)」と記し、もっと文化や芸術・学問にお金を投じるべきだと、当時のひとびとのお金の使い方を批判した。森鴎外は、軍医として赴任した2年10ヶ月という短い期間ながら、当時の北九州に多くのものをもたらしたのだ。

ぼくりりさん「森鴎外、けんすうさんに似てません?」

死後もコンテンツとして消費されるということ…「松本清張記念館」

作家・松本清張も北九州市出身だ。北九州市立松本清張記念館は、彼の作家人生を紐解くことができる貴重な資料館だ。

40代で作家デビューし、死去するまで約1000点の作品を残した。文字に直すと400字詰の原稿用紙を40年間毎日休みなく約8枚書いた計算に

編集者が松本清張の原稿を待ったという部屋。当時の編集者は、階段を降りて来る清張の足音の強弱で、原稿の進捗具合を計った

ぼくりり「ネットですべてがアーカイブされてしまうとはいえ、死後も他人が自分の家を見てありがたがるなんてこと、普通はないと思うんですよね。森鴎外も、亡くなってから自分の家が文化的な価値を持って、多くの人に自分の人生や作品を分析されるなんて、夢にも思わなかったでしょうし。偉人になるのって大変なことなんだなぁと思います」。 ぼくりり「僕は自分自身をコンテンツとして消費されたり、自身の方向性や意図を分析されたり解釈されることに抵抗があるんです。僕と僕が生み出した曲はまったくイコールではなくて、全部架空の物語だと思って聴いてほしいです、個人的には」

文豪ゆかりの地で、創作に対するぼくりりさんの本音もチラリと覗いた瞬間だった。

松本清張記念館の隣には小倉城が。「城下町っていう響きが素晴らしいですよね。ツアーで城好きなサポートメンバーに連れられて行くことが多いんですけど、特に石垣の積み方が時代や場所によって違って面白い」

漫画好きのオアシスこと「北九州市漫画ミュージアム」

次に向かったのは「北九州市漫画ミュージアム」。SF漫画の不朽の名作、『銀河鉄道999』で知られる松本零士を名誉館長に、北九州市が運営する漫画の総合施設だ。一般社団法人アニメツーリズム協会が発表する、『訪れてみたい日本のアニメ聖地88(2018年版)』にも選出されている。

街のいたるところに松本零士にちなんだスポットがある

見る・読む・描くの3つのテーマから成り立っており、展示やイベント、漫画コミック閲覧コーナー、小・中学生向け漫画体験教室、漫画家や編集者による漫画講座などが開催されている

北九州市はメディア芸術創造拠点に向けた取組みを進めており、漫画文化の振興に取り組んでいるのだ。「北九州国際映画祭」や「北九州ポップカルチャーフェスティバル」なども開催された。

戦後、貸本屋や映画館の数が全国でも多い地域だったという北九州は、数多くの文芸同人誌が存在し、発展したという歴史ももつ。漫画同人誌においても、松本零士らの『九州漫画展』などから始まった

特にすごいのは、「読む」の閲覧コーナーだ。蔵書数は約5万冊と漫画喫茶並みで、入館料が1日400円、年間パスが2000円と破格の値段設定。漫画好きには夢のような場所だ。ぼくりりさんも大の漫画好きで知られている。漫画の話題になると話が止まらず、つい旅程をオーバーして滞在してしまった。 ぼくりり「年間2000円は衝撃です。ここに住みたい...。もはや読まなくても、いるだけで楽しいですよね」

ぼくりりさんの好きな漫画は、『HUNTER x HUNTER』『キングダム』『銀と金』。最近読んで好きだったのは『映像研には手を出すな!』『来世は他人がいい』『からかい上手の高木さん』『僕のヒーローアカデミア』『アルスラーン戦記』『兎-野性の闘牌-』など

驚きは、蔵書されているのが日本の漫画だけではないこと。アメコミやバンド・デシネ(フランスの漫画)作品も本棚まるまる一台に並んでいる

「ネームもたまに描いたりします。作品としてアウトプットしたことはないけど、いつか漫画も描きたい」とぼくりりさんは創作にも意欲を燃やしつつ、名残惜しそうにその場を後にした。

北九州市漫画ミュージアムの入っている「あるあるCity」はポップカルチャーの複合施設として、若者に人気がある施設だ。コスプレスタジオやアニメ、漫画に関する店が集まっている。撮影はコスプレスタジオ「UnderLand」

街の未来は、カルチャーがつくる

「街に人が戻って来ている」。そんな職員の方々の言葉は、多岐にわたる就業支援など行政の様々な取り組みが実を結んだ結果と言える。

小倉駅に近い商店街を中心に、空き家や空きビルを利用した若者のためのリノベーション推進なども、要因のひとつだ。

「賑やかになっているという実感もありますし、町内で変えていこうという勢いがあります。特に若者が頑張っている」

古いビルを活用した文化芸術創造のためのクリエイターや、商店主のための拠点となっている「メルカート三番街」の古着屋「GUGU」で働く田中あやさんはそう話す。

ファッション感度の高い若年層が足繁く通う古着屋「GUGU」

店員の3人が「よってたかって好きなものを集めた」という、店員の宝物を詰めたような古本屋、199bnf(199ビーアンドエフ)

ぼくりりさんの好きな作家は伊藤計劃(いとうけいかく)、楡周平(にれしゅうへい)。最近読んだ本は伊坂幸太郎の「火星に住むつもりかい」。ここでは、同行していた編集者のすすめで中島らも「今夜、すべてのバーで」をお買い上げ。

酒あるところに、人がいる。北九州を体現する「角打ち」

北九州市で絶対に外してはならないのが「角打ち」だ。角打ちとは、酒屋さんで買ったお酒をそのまま酒屋さんで飲むというもの。中抜きの卸し値で、しかも朝から飲めるという、にわかに信じがたいシステムだ。 最近少しずつお酒の美味しさに気づいてきたというぼくりりさん。20歳になってまだ1ヶ月もたたない彼と一向がお邪魔したのは「アサヒ屋酒店」。創業は昭和31年、約65年間北九州の呑んべえを見てきた、知る人ぞ知る角打ちの名店だ。 お客の95%が常連というのは間違いないようで、近所から集まった常連で賑わっているのが店の外からもわかる。一度中に入ると、家飲みと錯覚してしまうくらいにアットホームな雰囲気でお酒が交わされている。 「酒は売るほどあるからね」と迎え入れてくれたのは、北九州角打ち文化研究会会長の須藤輝勝さん。筋金入りの角打ち好きだ。

「角打ち」の由来は、店の一角で飲むからというものと、昔は酒を飲むために使われていた升の四角い形状からという説がある。2018年に改訂された広辞苑第七版には「角打ち」が掲載された

いまでも北九州市には150軒ほどあるという角打ちの店。昔は数え切れないくらいあったそうだ。東京では御徒町や新橋、浜松町にもあるというが、須藤さんは「やっぱり北九州の角打ちがいいね」と強く推す。

「北九州ではひとりで店に入っても、こうやって輪に入ってワイワイできる。最初は他人でも、隣同士がすぐに一緒に会話をはじめて飲み始めるんですよ。『酒あるところに人がいる』。北九州の角打ちの醍醐味です」
本来はお酒の販売がメインで飲ませる、食べさせることが本来の目的でないので、テーブルなど置いている店は少ない。カウンター式や、立ち飲みが基本的なスタイル。定番のつまみは、缶詰や干物、豆類や駄菓子。アサヒ屋酒店は、テーブルと椅子があり、料理も提供する珍しい場所" width="1000" height="667" class="alignright size-full wp-image-269512" />

本来はお酒の販売がメインで飲ませる、食べさせることが本来の目的でないので、テーブルなど置いている店は少ない。カウンター式や、立ち飲みが基本的なスタイル。定番のつまみは、缶詰や干物、豆類や駄菓子。アサヒ屋酒店は、テーブルと椅子があり、料理も提供する珍しい場所

ぼくりり「(福岡産のお酒を飲んで)すごく飲みやすい! ようやくお酒が飲めるようになったのが嬉しくて仕方なくて、いまいろんなお酒にトライしてるんですが、日本酒ってこんなに美味しいんですね!」

店主の吉田茂さんは、10年前にお父さんが亡くなり、5年前にお母さんが病気になってからは、日中は宝石商を、そちらが終わるとアサヒ屋酒店の店主としてカウンターに立ち、お母さんとともに店を支えている。

「いまはコンビニだってあるからね、単純にお酒を売る酒屋さんとしてはやっぱり難しい。このあたりにあった酒屋さんもなくなって、ウチだけになってしまったけどね。でもね、お客さんはお客なんだけど、利害関係のない友達みたいな感じ。これがたまらなく嬉しくて、仕事を終えてすぐにお袋を手伝いに来るんよ。お酒を飲みながら仕事できる。最高っちゃ(笑)!」 そして、「あら〜、テレビに出て、頑張りよるとね〜。お父さんお母さんは大変よ〜」と笑顔で迎えてくれたのは昭和11年生まれのお母さん。酒造の家に生まれ、酒蔵の息子だった旦那さんに嫁ぎ、その後小倉で酒屋を始めた。以来、この店で温かい料理を提供し続けている。

「北九州はだいぶ変わったね。前は八幡製鉄所と工場の煙がすごかったけど、本当にキレイになった。外で働く男たちの代わりに奥さんたちが子供のために、行政の方々と一生懸命取り組んだとよ」

お母さんはそう話す。北九州の婦人会が立ち上がり、自発的に大気汚染の状況を調査。そして、企業や行政に改善を求める積極的な運動を起こしたのだそうだ。結果、現在では公害を克服した街のモデルケースとして、世界から評価されている。

(「荒れる成人式」の報道について)あれは大人になる前の一種のイベントやから。あんなんやっとるのはごく一部で、その一部も普段は真面目な子達ばかりよ。北九州は本当に治安もよくなった。悩みといえば、息子が真面目すぎて困っとるくらい(笑)昔はやんちゃなやつが多かったけんね

アサヒ屋酒店では、お母さんの部屋も盛り場に変わる。恐る恐る入ると、「東京からよう来たね! 飲まんね飲まんね!」と温かく迎え入れてくれた。「もう一軒行こうや兄ちゃん!俺らが北九州のうまい店に連れってってやる!」と盛り上がるまで時間はかからなかった。

お酒が人と地域の垣根を取り払い、生まれも、言葉も、生き方も異なる、数時間前まで赤の他人だった人同士が同じ話題で笑う。これ以上ない、お酒の楽しみ方だ。「いいお酒の飲み方をしているよ」と、ぼくりりさんに先輩風を吹かせて偉そうに語ってしまうほど、気持ちよくなってしまう。 ぼくりり「観光じゃ絶対にたどり着かないですよね。東京にはなかなかないし、不思議で新鮮な雰囲気でした。本当によかったです」

最高のお酒のあとは最高の締め。こちらも知る人ぞ知る北九州市の名店「万龍」のとんこつラーメンで北九州市の夜を締めくくった

かなりのラーメン好きだというぼくりりさん。「これは最高だ…。とんこつだけどすごくあっさりしてる。胃が喜ぶ嬉しい味です。店内にはかなり濃く豚骨の匂いが立ちこめていて、めちゃくちゃ食欲をそそります。アサヒ屋酒店で結構いろいろ食べたので割と満腹だったのですが、お店に入った瞬間におなか空きました。真の幸福はこの瞬間に宿ってるんだと思います。確実に来る幸せを待つ時間。夜飲んだあとのシメに最高です」

1
2
3

こんな記事も読まれています

780
Share
16
LINE
匿名ハッコウくん

匿名ハッコウくん

いかんばい

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ