124

最新ニュースを受け取る

『美術手帖』特集で「キャラクター生成論」3DCGやVRが更新するリアル

『美術手帖』2016年8月号表紙/Amazon.co.jpより

7月16日(土)に刊行される美術雑誌『美術手帖』8月号にて、「キャラクター生成論」特集が行われる。

クリエイターや研究者のインタビューやコラムなどを通して、3DCGVR(仮想現実)といったキャラクターの実在感を追求する新たな表現の現在に迫る。

3DCGアニメ、VRゲーム、そして2016年のキャラクター論

特集「キャラクター生成論」では、「3DCGアニメーション」「VR/ゲーム」「2016年のキャラクター論」の3つのパートに分けて、キャラクター表現の現在を紐解いていく。

「3DCGアニメーション」では、『シドニアの騎士』『亜人』を手がけてきたポリゴン・ピクチュアズと、『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』『ブブキ・ブランキ』などの作品で知られるサンジゲン、2つの3DCGアニメ制作スタジオに携わるクリエイターのインタビューや対談を掲載。

続く「VR/ゲーム」では、10月に発売されるPlayStation VRの体験レポートや、PlayStation VR専用ソフト『サマーレッスン』の開発者インタビュー。

そして「2016年のキャラクター論」では、伊藤剛さん、岩下朋世さん、さやわかさんによる鼎談「キャラクターが拓く、表象文化の未来」ほか、各分野の研究者による寄稿も。 表紙のイラストは、現代の「萌えキャラ」風美少女キャラクターに定評のあるイラストレーター・相磯桃花(あいそ桃か)さんが担当している。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「美術手帖」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 83

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ