376

日本初の18禁「春画展」レポート 笑いとポップが渦巻く性の世界

春画展

9月19日(土)から12月23日(水・祝)まで、東京都文京区にある美術館・永青文庫にて、ユーモアあふれる性風俗の浮世絵を集めた「春画展」が開催されています。 本展は、大英博物館での開催をはじめ、海外で高い評価を得ていたものの、過激な性的な表現を理由に日本における開催が見送られていたことでも話題となっていました。 待望の日本初開催となる今回は、18歳未満の入館は禁止という制約のもと、イギリスの大英博物館やデンマーク、さらに日本の美術館や個人コレクションから集めた、芸術性の高い名品133点を展示。

人の手によって描かれる「肉筆」をはじめ、大名歌の作品が数多く残された「版画」、庶民にも広く愛された「豆判」などが、5つの章にわたって紹介されています。

本格的な春画展、日本初開催へ

永青文庫外観

「春画展」は、これまでフィンランド、スペインをはじめ欧州の各地で開催。イギリス・ロンドンの大英博物館では「春画 日本美術における性とたのしみ」展として開催され、多くの来場者から好評を博しました。

しかし、春画の生みの親であるはずの日本では、本展を開催できる会場の確保が困難を極めたそうです。書籍や雑誌としては市場に流通していて、複製品であれば無修正でも出版は可能であるのに対し、オリジナル作品は鑑賞出来ないという奇妙な状況になっていました。

永青文庫理事長 細川護煕さん

そうした中、東京・目白台の一画に建つ、元内閣総理大臣である細川護煕さんが現理事長をつとめる細川家所有の美術館・永青文庫にて、国内初の開催が決定。9月19日(土)から11月1日(日)までの前期と、11月3日(火・祝)から12月23日(水・祝)までの後期、全2期にわたって行われる運びとなりました。

1
2
3

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「春画」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 73

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ