3458

最新ニュースを受け取る

日本初の「春画展」18禁で開催! 江戸時代の性風俗を凝縮

画像は全て永青文庫「春画展」公式サイトより

江戸時代に流行し、性風俗を描いた浮世絵「春画」の名品を集めた展覧会「春画展」が、東京都文京区にある美術館・永青文庫にて開催される。会期は9月19日(土)から12月23日(水・祝)まで、18歳未満は入場禁止となる。

春画に特化した展覧会が国内で開催されるのは、今回が初めて。2013年から2014年にかけて大英博物館で開催された際は、3ヶ月で8万8000人もの来場者が訪れたという。

今回は、日本の美術館に所蔵されている作品や個人コレクションだけでなく、海外は大英博物館とデンマークからの作品もあわせて約120点が集まる。鈴木春信さんや葛飾北斎さん、喜多川歌麿さんといった浮世絵の大家と呼ばれる浮世絵師の作品のほか、徳川将軍や大名家の絵画制作を担った狩野派の作品なども展示される。

過激さが問題になるも、念願の日本開催が決定!

肉筆の名品

肉筆の名品

大英博物館での開催時は、過激な描写があるため16歳未満の入場には保護者の同伴が必須という、同博物館史上初めての制限が設けられたことでも話題を呼んだ。

さらに海外でも人気の高い浮世絵師たちの作品が一挙に鑑賞できることや、日本の文化・性風俗を学べる展覧会ということで、多くの外国人が足を運んだ。

海外で大好評だったことから日本巡回が決定したものの、性的な表現が問題視され、結局開催は見送られていた。 5月12日には、ロンドン在住の歌手・宇多田ヒカルさんが同展覧会に訪れた際のことをTwitter上で振り返り、日本国内で開催されないことに対し「残念だ」と心境を語っていたばかりだった。

大名から庶民にまで広く愛された春画作品が並ぶ

豆判、小さな世界

豆判、小さな世界

満を持して開催される今回の展覧会では、人の手のみで線と色が描き出された肉筆による作品や、掘った版に墨などをつけて印刷する「版画」、さらに「豆判」と呼ばれる縦9センチ横13センチ弱の小さな版画など、様々な形態の春画が展示される。

浮世絵の文化を繁栄させたといっても過言ではない春画の作品を、存分に堪能できる展覧会となる。

次世代を担う20代アーティスト約70人が集合 「東京男子東京女子」展

ドワンゴ川上『ゲーマーはもっと経営者を』が電子書籍化! 180円で販売

再建を図る美術出版社 TSUTAYAのカルチュア・エンタテインメントをスポンサーに

VRで妄想を実現! 水着グラドルの全身を堪能できる360度動画

執筆者:きくちみずほ

こんな記事も読まれています

イベント情報

春画展

会期 2015年9月19日(土)~12月23日(水・祝) 前期:9月19日(土)~11月1日(日)、後期:11月3日(火)~12月23日(水・祝)
会場 永青文庫 東京都文京区目白台1-1-1
関連企画 【講演会】9月20日(日)於 ホテル椿山荘東京
主催 永青文庫 春画展日本開催実行委員会
後援 ブリティッシュ・カウンシル 

当初予定されていたシンポジウムが中止となったため、該当情報を削除いたしました

Googleカレンダーに追加する

関連情報をもっと読む

関連キーフレーズ

「春画」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 1601

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ