39

「うらめしや~、冥途のみやげ」展 幽霊画からたどるうらみの表現

「うらめしや~、冥途のみやげ」展 幽霊画からたどるうらみの表現

「うらめしや~、冥途のみやげ」展/特設ページのスクリーンショット

7月22日(水)より、幽霊にまつわる日本画や錦絵、能面などを展示する「うらめしや~、冥途のみやげ」展が、東京藝術大学大学美術館にて開催される。

会期中には展示替えが行われ、前期展示が7月22日から8月16日(日)まで、後期展示が8月18日(火)から9月13日(日)までとなっている。

また、講演会や能楽公演、ナイトミュージアムといったイベントも予定されている。

この夏、史上“最恐”の美しさと出会う『うらめしや~、冥途のみやげ展』7/22から【TBS】

まさに冥土の土産! 「うらみ」を紐解く企画展

「うらめしや~、冥途のみやげ」展は、幽霊画に見られる「怨念」や「心残り」といった人間の底知れぬ感情に注目し、錦絵や近代日本画、能面なども展示。

怪談を得意とした明治時代の落語家・三遊亭圓朝さんゆかりの幽霊画コレクションを中心に、日本美術史における「うらみ」の表現をたどっていく。

ほかにも円山応挙さん、浮世絵の歌川国芳さん、葛飾北斎さん、近代の河鍋暁斎さん、月岡芳年さんといった、日本美術史に名を残す画家たちが共演する。

当初は2011年夏に開催を予定していたが、同年3月に発生した東日本大震災の影響により、開催直前に延期。今回、4年の歳月を経て開催されることとなった。

冥土の土産」と言われると身震いしてしまうが、涼しくなれることうけあいの、夏にぴったりの企画展となっている。

こんな記事も読まれています

イベント情報

「うらめしや~、冥途のみやげ」展 ―全生庵・三遊亭圓朝 幽霊画コレクションを中心に―

会期
2015年7月22日(水)〜9月13日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)
(ただし、8月11日(火)、21日(金)は午後7時まで開館)
休館日
月曜日
会場
東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、2
観覧料
一般1,100(900)円 高校・大学生700(600)円 (中学生以下無料)
* ( )は20名以上の団体料金
* 団体観覧者20名につき1名の引率者は無料
* 障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
お得なペアチケット(2枚で1組、1名様で2回使用も可)2,000円

前売券(一般900円、高校・大学生600円、ペアチケット1,600円)は5月16日から販売予定。
その他チケットの詳細については公式サイトにて順次掲載予定
主催:東京藝術大学、東京新聞、TBS
後援:台東区
協力:全生庵、下谷観光連盟、圓朝まつり実行委員会、TBSラジオ

【関連企画】
■7月31日(金) 本展開催記念「講談と上方落語でうらめしや~」(予定枚数終了)
■8月1日(土)  講演会「うらみの美意識 応挙から松園まで」 
■8月11日(火) 圓朝忌法要式&ナイトミュージアム 
■8月21日(金) 本展開催記念「能楽公演&ナイトミュージアム」 

Googleカレンダーに追加する

関連情報をもっと読む

関連キーフレーズ

23
Share
0
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ