まるで特撮!超巨大な怪獣とロボが戦う短編アニメがすごい

まるで特撮!超巨大な怪獣とロボが戦う短編アニメがすごい
まるで特撮!超巨大な怪獣とロボが戦う短編アニメがすごい

(C)2014 nihon animator mihonichi, LLP.

スタジオカラーとドワンゴが共同で企画する短編アニメーション「日本アニメ(ーター)見本市」の第11弾『POWER PLANT No.33』が、予告編に続いて、ついに本編が公開された。

本作は『イヴの時間』や『サカサマのパテマ』などで知られる吉浦康裕さんが原案・監督・脚本、『キルラキル』などの美術監督を務めた金子雄司さんが、原案と怪獣・ロボットデザイン、そして美術監督として参加している。

内容は、突如襲来した巨大ロボットから逃げ惑う人々と、それに立ち向かう超巨大発電体33号「エレキマグマ」の姿を描いた、SF作品に仕上がっている。

かっこいい!超巨大スケールの1ターンバトル

「日本アニメ(ーター)見本市」は、アニメーションに関連したスピンオフ企画、MVなど、ジャンルを問わず様々な作品を毎週金曜日に公開する企画。毎回、参加している制作陣が豪華なことでも知られている。

本作では、眠り続ける超巨大発電体33号、通称「エレキマグマ」に電力を依存している都市を舞台に、飛来した巨大ロボット「プロトタイタン」と「エレキマグマ」の超巨大スケールな1ターンバトルを展開。

破壊される都市、逃げ惑う人々といったような、昭和の特撮怪獣モノを彷彿とさせる少しレトロで熱い作品になっている。 2月2日(月)には、ニコニコ生放送で本作の解説番組「日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-」を放送予定。監督の吉浦康裕さんをはじめ、金子雄司さん、キャラクターデザイン・作画監督の斉藤健吾さんらが揃って出演する。

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

アニメ・漫画の週間ランキング

アニメ・漫画の画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ