諫山創

いさやま はじめ

1986年生まれ。2006年に講談社のMGP(マガジングランプリ)に『進撃の巨人』で佳作を受賞。

目次

概要

2009年に創刊された『別冊少年マガジン』にて21歳の時に『進撃の巨人』の連載を始める。

決して綺麗で丁寧な絵ではなかったが、人間が巨人に食べられるという衝撃的な内容と、主要なキャラクターが次々と死んでいく先の読めない展開が話題になり、徐々に人気を広げていく。

初期の非常にテンポの速い展開については、自らの画力の無さを自覚し、打ち切りを覚悟していた為、2巻までに自分の描きたいことを詰め込んだとテレビのインタビューで語っている(2巻まではどんなに人気が出なくても刊行される為)。

コミックス9巻の発売時点で累計発行部数1000万部を突破。2013年春にアニメが始めるとクオリティの高さが話題になり、全国の書店でコミックスの売り切れが続出する。2013年夏にはコミックス10巻までの累計発行部数は2000万部を超えている。この記録は別冊少年マガジンという決してメジャーではない雑誌からデビューした新人作家の作品としては異例中の異例である。

進撃の巨人を作るにあたって影響を受けた作品として以下の作品を挙げている。
ウルトラマン、サンダ対ガイラ、坂の上の雲風の谷のナウシカ、ARMS、BLAME!、シグルイ、地獄先生ぬ~べ~(人喰いモナリザの回)、 マブラヴ

特にマブラヴに強く影響を受けており、マブラヴについて「作品に殺されると思った経験は初めて」、「この経験を自分も他者にしてみたかった」、「パクらせていただきました」と語っている。

似たようなキーフレーズ

鳥飼茜とは、日本の漫画家。1981年生まれ。 代表作に、モーニング・ツー『先生の白い嘘』、フィールヤング『地獄のガールフレンド』、週刊SPA!『ロマンス暴風域』などがある。 今年6月から9月に「webちくま」にて連載していた「漫画みたいな恋ください」...

トミムラコタは、日本のイラストレーター、漫画家、グラフィックデザイナー。1990年生まれ。沖縄県出身。バイセクシュアルであることを公言している。代表作に『実録!父さん伝説』『ぼくたちLGBT』。SNSではオリジナルキャラクターの恐竜を主役にしたイラス...

山本崇一朗は、日本の漫画家、イラストレーター。1986年5月31日生まれ。pixivでのハンドルネーム「生醤油うどん」。代表作に『からかい上手の高木さん』(連載中)。

窪之内英策(くぼのうちえいさく)とは、1966年11月11日生まれの日本の漫画家。 代表作に『ツルモク独身寮』『ワタナベ』『ショコラ』。

和月伸宏とは日本の漫画家、イラストレーター。 週刊少年ジャンプで「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」、「武装錬金」などを連載。現在はジャンプスクエアで活動。

澤江ポンプとは、日本の漫画家。男性。好きな食べ物はフランスパン。 代表作に『悟りパパ』。自身のTwitterやPixivにて公開した『ハダカヨメ』『愛のBBQ』『サイコンクエスト』『怖くない話』などが話題に。...

ドラゴン画廊・リーとは、同人活動を中心に執筆している漫画家。主に『ドラゴンボール』『ワンパンマン』、ドラマ『勇者ヨシヒコ』の二次創作を発表。 少年ジャンプ+にて『ドラゴンボール外伝 転生したらヤムチャだった件』を連載中...

同じカテゴリーのキーフレーズ

アニメ・漫画

更新日: 2056日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ