YouTube「ボンボンTV」乗っ取り被害から復旧 一時は動画が削除状態に

YouTube「ボンボンTV」乗っ取り被害から復旧 一時は動画が削除状態に
YouTube「ボンボンTV」乗っ取り被害から復旧 一時は動画が削除状態に

画像は「ボンボンTV」公式Twitterより

UUUM講談社が共同で運営するYouTubeチャンネル「ボンボンTV」が12月27日、Twitterでアカウント乗っ取り被害からの復旧を報告。

「ボンボンTV」は前日12月26日にYouTubeアカウントが乗っ取られ、アカウント名が「(Twitter)- Tesla」と変更され、チャンネルの動画も削除され閲覧できない状態になっていました(外部リンク)。

「ボンボンTV」のYouTubeチャンネルより(現在は復旧)

「ボンボンTV」原因不明の乗っ取り被害に

乗っ取り被害の発覚が注目されたのは、12月25日深夜(26日)

「ボンボンTV」の公式Twitterが、アカウントが乗っ取られていること、そして復旧に向け対応中であることをツイート(外部リンク)。

リーダーであるよっちさんもTwitterで、「スタッフ一同全力で対応しております 元の状態に戻るにはしばらく時間がかかってしまいますが安心してお待ちください!」とコメントする事態に。

加えて、「乗っ取られた原因不明ですが 分かり次第すぐに伝えます!」「YouTuberの皆…気をつけて…」と、注意を呼びかけていました(外部リンク)。

なお、「ボンボンTV」はそうした状況の中でも動画を公開していました。
乗っ取り騒動の最中「ボンボンTV」が公開した動画

YouTubeで多発する乗っ取り被害

よっちさんが注意喚起には、最近同様のYouTubeチャンネルの乗っ取り被害が連続していることが背景にあるとみられます。

11月にはチャンネル登録者数192万人の歌い手/声優・天月-あまつき-さんが、YouTubeアカウントの不正アクセス被害に遭ったことをTwitterで報告

さらに遡ると、7月には同26万人のゲーム実況者の金花さんも、同様とみられる乗っ取り被害に遭遇。なお、2人のチャンネルは現在までに復旧しています。

UUUMと講談社が共同で運営「ボンボンTV」

「ボンボンTV」はUUUMと講談社が共同で運営するYouTubeチャンネル。2015年にスタートし、2022年で運営7年目。

人気動画クリエイターたちが「まずは見てみる、やってみる!」を合言葉に、様々な「やってみた動画」の投稿を中心に活動中。

ポップアップショップを展開するなど、活動の幅を広げ、現在はチャンネル登録者数は231万人を記録しています。

YouTuberたちの乗っ取り被害

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る

エンタメの週間ランキング

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ