171

FACETASM、VRアバターの衣装に 実在のアパレルをメタバース空間に輸入

FACETASM、VRアバターの衣装に 実在のアパレルをメタバース空間に輸入

「FACETASM BUG MA-1」商品画像/画像はBOOTHより

POPなポイントを3行で

  • 現実のアパレルをVRの衣装にする企画
  • 第1弾はFACETASM「BUG MA-1」
  • 3月1日よりBOOTHで販売
現実のアパレルをVRなどのアバター向け衣装に輸入するプロジェクト「POLYGON TAILOR IMPORT(ポリゴンテーラー インポート)」第1弾商品の発売が発表された。

第1弾は、デザイナー・落合宏理さんが設立したファッションブランド・FACETASM(ファセッタズム)の代表的なフライトジャケット「BUG MA-1」。

シャツ「RIB TEE」にスウェットパンツ「RIB Sweat pants」を合わせたセットアップとして、3月1日(火)よりBOOTHで発売される。

価格は4000円(税込)。今後のアップデートで100体以上のアバターに対応する予定だ。

【画像】VRSNSで着れる「BUG MA-1」(5枚)

アバターが着れる“実用的”なデジタルアパレル

FACETASM x POLYGON TAILOR IMPORT - METAVERSE 1
FACETASM x POLYGON TAILOR IMPORT - METAVERSE 2
「ポリゴンテーラーインポート」は、スケブ社の代表である“なるがみ”こと喜田一成さんが、カジュアルファッションを販売するシーズメン社のCMO(Chief Metaverse Officer)に就任し発表した新規事業。

メタバース空間でアバターが着ることができる、実用的なデジタルアパレルを展開する企画だ。

今回の「BUG MA-1」は、モデラー・長兎路こよりさんの指揮のもと、Poppoさん、ぜれゔぃあさん、ふぅすさんによって制作。

VN3ライセンスが採用されており、改変などを自由に行うことができるという。 また、そばにいるキャラクター「レックレックアーヒーモンスター」は、落合宏理さんの子供が描いたデザインをベースにアバター化。BOOTHで無料配布され、VRChatではPublic Avatarとして誰でも利用可能になる。

2022年は「メタバース元年」となるか?

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

145
Share
1
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ