5

「YouTubeショート」5兆再生突破 2022年は新たな収益モデルを模索

Our 2022 Priorities

POPなポイントを3行で

  • 「YouTubeショート」の再生数が5兆回突破
  • 2022年は新たな収益化モデルを模索
  • クリエイターの新たなビジネスチャンスに
YouTubeのCEOであるスーザン・ウォシッキー(Susan Wojcick)さんが、「2022年の優先課題」と題した記事をYouTube公式ブログで公開。

YouTubeショートの累計再生回数が5兆回を突破したことを発表した。

2021年、他の動画の音声を使用してショート動画を作成できるリミックス機能として提供が開始されたYouTubeショート。現在、YouTubeショートファンドを通じて、ショート動画を収益化する手段を100カ国以上に提供している。

2021年に勃興した「YouTubeショート」

スーザンさんによれば、2021年にショートファンドから支払いを受けたクリエイターの4割以上が、従来のYouTubeパートナープログラムに参加していなかったという。

つまり、YouTubeショートの登場が、クリエイターにとって新たなビジネスチャンスとなったということだ。

ショート動画のみならず全体についても、世界中で年間1万ドル以上稼ぐチャンネル数が前年と比べて40%増加。

メンバーシップやスーパーチャットなどの「Paid Digital Goods(有料デジタル商品)」は、2021年に1億1千万回以上購入または更新された。

新たな収益化モデルを模索「YouTube BrandConnect」

また、スーザンさんはYouTubeの経済・文化・社会的な影響力に対するOxford Economicsの分析レポートについても言及。

コロナ禍の中、YouTubeの経済エコシステムが、アメリカ・日本、韓国、カナダ、ブラジル、オーストラリア、EU合わせて80万人以上の雇用を支えていることを紹介した。

なお、Oxford Economicsでは日本の分析レポートについても公開しており、2020年YouTubeは日本経済に2390億円貢献、約75,970人の雇用を支えたことを明らかにしている(外部リンク

2022年は、クリエイターとブランドをマッチングさせるサービス「YouTube BrandConnect」を通じて、ショート動画のクリエイターが広告動画をつくるための方法を模索するとしている。

プラットフォームがもたらす変化

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

3
Share
1
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ