6

10歳からプログラミングの基礎「条件分岐」が学べるボドゲ『ロジックロボット』

10歳からプログラミングの基礎「条件分岐」が学べるボドゲ『ロジックロボット』

ボードゲーム『ロジックロボット』

POPなポイントを3行で

  • ボドゲ会社とIT会社が共同開発した『ロジックロボット』
  • プログラミング的思考法「条件分岐」が学べる
  • 10歳からでも20分ほどで遊べるボードゲーム
ボードゲーム開発会社のバンソウと、IT企業のVITAが共同開発したボードゲーム『ロジックロボット』が、3月24日(水)に発売される。

価格は3,300円(税込)。

『ロジックロボット』はプログラミングにおける基礎「条件分岐」をギミックに用いており、プログラミングの思考法を直感的に学べるボードゲームを謳っている。

遊びながら20分で「条件分岐」が学べる『ロジックロボット』

プレイヤーはロボットエンジニアとなり、危険地帯に侵入するロボットをプログラミングして、誰よりも早く新鉱石の入手を目指す。

ゲームは危険地帯のマップを見ながらロボットに行動プログラムを施す前半の「プログラミングフェーズ」と、侵入したロボットを動かし新鉱石を目指す後半の「アクションフェーズ」の順に進む。

前半で他のプレイヤーとプログラムを奪い合う駆け引き、後半でプログラムを活用しながらゴールを目指す競争を楽しみながら、20分ほどで遊べるゲームを通してプログラミングの思考法を学ぶことができる。 絶対的に強いプログラムはなく、複数のマップも用意してあるため、適材適所を見極める柔軟な思考力も鍛えられる。慣れてきたら、自由にマップをつくって遊ぶことも可能。

10歳ごろからでも遊べる簡単なルールを採用しているため、幼い頃からプログラミングの思考法を学んでもらいたい保護者におすすめ。もちろん大人だけで遊んでも熱中できるボードゲームになっている。

初心者がぶつかる壁を乗り越えるキッカケに

このゲームのギミックに用いられた「条件分岐」は、「ある条件が満たされているかどうかによって、次に実行する処理を変えること」を指す。

どのプログラミング言語にも必ずと言っていいほど存在する基礎中の基礎だが、VITAが開講する親子向けのプログラミング教室では多くの子どもたちが理解に苦戦していたため、バンソウと共に『ロジックロボット』を開発した。

バンソウによれば、このゲームを通して、条件分岐を「手に取りやすいアナログな遊びで体験することで、プログラミングの思考法を学ぶ入り口にしていただければ」とのことだ。

みんなで遊ぼうボードゲーム

こんな記事も読まれています

商品情報

『ロジックロボット』

価格 : 3,300円(税込)
プレイ人数 : 2~4人
プレイ時間
20分~
対象年齢
10才以上
内容物
フィールドボード 3枚/ログラミングボード 4枚/ロボットコマ 4個/IFカード 12枚/THENカード 12枚/サイコロ 1個/落とし穴チップ 4枚/溶岩チップ 4枚/壁スタンド 6枚/オメガライトチップ 1枚
サイズ
縦210mm・横210mm・高さ45mm
ゲームデザイン
株式会社VITA、株式会社バンソウ、北原博隆
アートワーク
株式会社バンソウ
企画制作
株式会社VITA、株式会社バンソウ
発売予定日
2021年3月24日

関連キーフレーズ

4
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ