81

Spotifyが2020年音楽ランキングを発表 国内ではOfficial髭男dismが3冠

Spotifyが2020年音楽ランキングを発表 国内ではOfficial髭男dismが3冠

2020年Spotify音楽ランキング

  • 15 images

POPなポイントを3行で

  • Spotifyが2020年の世界・国内における再生ランキングを発表
  • 日本はアーティスト、曲、アルバムでOfficial髭男dismが3冠
  • 世界で最も再生されたアーティストはバッド・バニー
音楽ストリーミングサービスのSpotifyが、日本と世界で2020年に最も聴かれたアーティストや曲を発表した。

日本国内においては、最も再生されたアーティスト、楽曲、アルバムでOfficial髭男dismが日本初の3冠を達成。

その偉業に対し、Official髭男dismは「日本のSpotifyで初の快挙ということでとても光栄です。自分たちの音楽を沢山の方が聞いてくださっている事が本当に嬉しいです。感謝の気持ちを胸に、さらなる楽曲制作に励んでいこうと思います。」とコメントしている。

【画像】Spotifyが明かす世界・国内の音楽トレンド

Official髭男dismが3冠、国内の音楽シーン

2020年国内で再生された楽曲

国内で最も再生された曲ランキングは、1位がOfficial髭男dismの「Pretender」、2位がYOASOBIの「夜に駆ける」、3位がOfficial髭男dismの「I LOVE…」、4位がKing Gnuの「白日」、5位が瑛人さんの「香水」となっている。

その他、最も聴かれたアーティストにはOfficial髭男dismにBTS、King Gnu、あいみょんさん、Mrs. GREEN APPLEが続いている。

1位はSpotifyだけで83億再生、世界の音楽ランキング

2020年世界で最も再生されたアーティスト

発表によると、Spotify上で2020年最も再生されたアーティストは、プエルトリコのラッパーであるバッド・バニーさん。

彼の楽曲は、今年だけで83億回以上再生されており、アルバム『YHLQMDLG』は今年最も聴かれたアルバムとなっている。
一方、2020年最も再生された曲となったのは、ザ・ウィークエンドさんの「Blinding Lights」で再生数は16億回以上。
The Weeknd - Blinding Lights (Official Music Video)
世界で最も聴かれた女性アーティストは、2年連続でビリー・アイリッシュさんが輝いた。

女性アーティストのランキングには、テイラー・スウィフトさんやアリアナ・グランデさん、今年リミックスアルバムに星野源さんを起用し国内でも話題になったデュア・リパさん、ホールジーさんが続いている。

2020年世界で最も聴かれた女性アーティスト/画像はSpotify公式サイトから

Spotifyが見る2020年の音楽再生の傾向

家で働くことをテーマにしたプレイリストも流行した/画像はSpotify公式サイトから

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が猛威を振るった2020年。

世界的にみてもリモートワークが増加し、それに伴って家で仕事をすることをテーマにしたプレイリストや、健康に関するポッドキャストの再生数も増加したという。

「Black Lives Matter」に関するプレイリストの数や再生数も増加した/画像はSpotify公式サイトから

さらに、警官に取り押さえられたまま亡くなったジョージ・フロイドさんの死亡事件をきっかけに広がった「Black Lives Matter」ムーブメントに呼応し、「Black Lives Matter」や略称である「BLM」を冠したプレイリストが増加した。

2021年までに10億ドル規模の産業に成長すると言われ、Spotifyも注力しているポッドキャストでは、関心がもたれているジャンルとして「社会と文化」がトップになっている。

【画像】Spotifyが明かす世界・国内の音楽トレンド

激動の2020年音楽シーン

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

12
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ