14

リアル『君の名は。』 7月の「火球」が運んだ宇宙からの贈り物が見つかる!

リアル『君の名は。』 7月の「火球」が運んだ宇宙からの贈り物が見つかる!

船橋市で発見された2つ目の隕石

POPなポイントを3行で

  • 千葉県で相次いで隕石が発見される
  • 7月2日に話題となった「火球」の一部か
  • まだ隕石が落ちている可能性は高いらしい
去る7月2日の深夜、関東地方上空で火球(明るい流星)が観測されたことを覚えているだろうか?

7月4日にこの火球だった隕石が発見されていたのだが、なんと8月3日に2つ目の隕石が見つかったらしい!

そして隕石はまだ落ちている可能性が高いという。

そのへんの石ころが隕石に見えてくる!

深夜の衝撃! 火球

7月2日に観測された火球は、午前2時頃に関東地方上空を西から東にかけて通過。

眩い閃光と響きわたる轟音が、深夜の関東一帯に驚きをもたらした。

BUMP OF CHICKENの名曲「天体観測」を思い出してしまう出来事だったが、その感動は現実世界にとどまらずTwitterでも大きな話題に。

リアル『君の名は。』とも言えるような光景に、筆者自身も人知れず感動した。

2つ目の隕石発見!

2つ目の隕石が衝突した屋根(発見者提供・国立科学博物館)

火球は地表に届くまでに燃え尽きてしまう場合が多いが、まれに燃え尽きず地表に届く(これが「隕石」と呼ばれる)。

今回の火球は強かったようで、7月4日には千葉県習志野市で発見された数個の破片が隕石と判明。

習志野市で発見された1つ目の隕石(国立科学博物館)

船橋市で発見された2つ目の隕石(国立科学博物館)

そして今回8月3日に船橋市で見つかった数個の破片も隕石と判明した。

重さは先に見つかった隕石より重い計180gで、缶コーヒーと同じぐらいのスケールらしい。

ちなみに破片はまだ落ちている可能性が高いという。

何気なく蹴り飛ばした小石が、実は宇宙からの贈り物だった、なんてロマンを感じる展開が人知れず訪れているのかもしれない。

インパクトならこっちも負けてない

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

7
6
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ