252

【座談会】自主制作アニメで食べていけるか? 個人作家が語る“生き方”への本音

【座談会】自主制作アニメで食べていけるか? 個人作家が語る“生き方”への本音

「ANIME ALCHEMY」

POPなポイントを3行で

  • 個人アニメ作家5人のトークイベント「ANIME ALCHEMY」
  • こむぎこ2000、はなぶし、ヨツベ、塚原重義、沼田友
  • 個人作家は食べていけるのか?
自主制作アニメに情熱を注ぐクリエイターを招き、自主制作アニメの可能性を錬金していく」──そんな熱い志によって開催されたのが個人アニメ作家たちによるトークイベント「ANIME ALCHEMY」だ。

個人クリエイターのサポートなどを目的とした新法人を設立したアニメスタジオ・ツインエンジン主催のもと、様々なフィールドで活躍する個人アニメ作家5人が集まった。

出自、作風、現在取り組んでいる活動も異なる5人だが、新たな潮流として巻き起こりつつある個人制作アニメーションの文化を盛り上げんと一堂に会し、熱い論を交わしあう。

今回はYouTubeで配信されたトークに加え、その後KAI-YOU独占で実施した参加クリエイターによる座談会の模様をお届けする。

取材:恩田雄多 文:オグマフミヤ 編集:米村智水

「ANIME ALCHEMY」参加クリエイター

・塚原重義さん
FLASHの時代から短編アニメーション制作に取り組み、SEKAI NO OWARIのステージデザイン協力など幅広い活躍を見せつつ、現在はクラウドファンディングを実施中の作品「クラユカバ」で初の長編アニメーション制作に挑んでいる(外部リンク)。

・こむぎこ2000さん
新海誠監督の「君の名は」を観たその日に絵を描き始めたというドラマチックな出自を持ち、「#indie_anime」のハッシュタグでTwitterに短編アニメを投稿するムーブメント「自主制作アニメーション部」も企画しながら、個人としてMV制作などを手がける。

・はなぶしさん
商業のシーンでも活躍し、ファンの間でシリーズ屈指の名エピソードと語り継がれる「HUGっと!プリキュア」16話の絵コンテ/作監を務めたことでも知られ、最近では「ずっと真夜中でいいのに/お勉強しといてよ」のMVを手がけたことでその名をさらに広めた。

・ヨツベさん
大学時代からアニメーション制作を専攻、神風動画時代には「ジョジョの奇妙な冒険」、フリーに転身してからも「はねバド!」OPなど短編アニメーションを中心に手がけ、アニメーターやCGディレクターとして活躍する。

・沼田友さん
自らの制作したアニメを路上で上映する「路上アニメーション」というアグレッシブな経験を経て、「旅街レイトショー」で地上波デビュー。3DCGでの作品を中心に制作しながら、現在は脚本家としても活動する。

個人作家たちに共通するアニメをつくり始めた理由

個人アニメ作家対談イベント「ANIME ALCHEMY」

最初のトークテーマは「アニメーターを志した理由」。

暇を持て余した結果「おえかきチャット」に入り浸り、プロのクリエイターたちとの交流の中で、仕事としての絵描きを意識するようになったというはなぶしさん。

そして、新海誠監督の『君の名は。』に衝撃を受けて以降、絵を描きはじめて今に至るというエピソードを持つこむぎこ2000さん。それぞれ理由は様々だが、共通しているのはアニメーターを志すより先にモノをつくりはじめていたということだった。

塚原重義さん

ドラマチックな何かがあったわけではない、単純につくっていただけ」。そう語る塚原重義さんの創作における原体験は、親のビデオカメラを借りての映像作品だったという。

父親の影響で漫画やアニメに囲まれた環境に育ち、気づけば画集の模写やPhotoshopでのイラストに取り組んでいたヨツベさんに、小学生の頃から自由帳に描いていた漫画をFLASHでアニメーション化しネットに公開していたという沼田友さん。

それぞれ、ある日突然に「アニメをつくろう」と思い立つのではなく、自由な創作を続けるうちに、表現としてのアニメーションに出会った。

1
2
3
4
5

こんな記事も読まれています

229
21
2
LINE
匿名ハッコウくん

匿名ハッコウくん

とんでもなくボリューミーな座談会だった。自主制作が売れる市場ができたら、既存の「アニメ」のイメージ変わりそう

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ