13

批評誌『エクリヲ』最新号 特集は「ポストクリティーク」と「3DCG」

批評誌『エクリヲ』最新号 特集は「ポストクリティーク」と「3DCG」

『エクリヲ vol.12』

  • 11 images

POPなポイントを3行で

  • 批評誌『エクリヲ』最新刊が発売
  • 映画、音楽、文学、美術など幅広いジャンルを横断
  • 特集は「ポストクリティーク」と「3DCG」
映画、音楽、文学、美術など、幅広い領域を横断する批評誌『エクリヲ』が、最新刊『エクリヲ vol.12』を刊行する。

最新号の特集は、「ポストクリティーク――いま批評には何ができるのか」と「“異物(オーパーツ)”としての3DCG」の二本立て。

5月27日(水)より全国書店・映画館などで販売が開始。通販サイト「BOOTH」では、先行販売が5月25日(月)より予定されている。価格は2300円(税別)。

これからの批評(=クリティーク)を模索

一つ目の特集「ポストクリティーク――いま批評には何ができるのか」では、これまでの批評(=クリティーク)における世界観や問題点を超え、これからの批評のあり方を模索する「ポストクリティーク」の動きに着目。

「ポストクリティーク」を牽引する批評家であるブリュノ・ラトゥールイヴ・セジウィックらの議論を扱いながら、「批評には今、何ができるか」を考える意欲的な内容となっている。

石田英敬さん

また、フランス思想家・メディア情報学者の石田英敬さんのインタビューをはじめ、勝田悠紀さんや大橋完太郎さんの論考なども掲載している。

“異物(オーパーツ)”としての「3DCG」

二つ目の特集「“異物(オーパーツ)”としての3DCG」では、3DCGの持つ「わたしたちが見る景色を異質なものに変える“異物”(オーパーツ)」としての機能に注目。

従来はあまり注目されてこなかった角度から、3DCG技術の可能性を考察してゆく。 デジタルアートの最前線で活躍するクリエイターへのインタビューや、3DCG関連のコラムやインタビューを豊富に収録しており、最先端の映像技術を身近に感じるよい機会となる。

また、バーチャルYouTuber(VTuber)や3DCGアニメーションなど、ポップな話題も掲載。ふだん何気なく触れている3DCGの裏側に迫ることができそうだ。

考える「おうち時間」もアリかも

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

10
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ