53

「メガネなのに目元が見える」漫画あるあるを再現したメガネが話題

POPなポイントを3行で

  • 横顔でも目元が見えるメガネが話題
  • マンガやアニメの”あるある”を再現
  • 作ったのはエコードワークス
「メガネなのに目元が見える」漫画あるあるを再現したメガネが話題

メガネキャラの横顔演出を再現できるメガネ

私たちが日々、漫画やアニメなどで目にする様々な技法や演出。

その中でもメガネをかけた横顔から、「フレームに隠されて本来見えない目元が見える」という絵ならではの表現は有名。なんとこれが現実世界で再現された。 ……おわかりいただけただろうか?

こだわりの黒ぶち眼鏡

このメガネを制作したのはマンションポエムのボードゲームや、上に置いたものに”オーラ”を纏わせられる卓上ライトなどのクスッと笑えるアイテムをつくってきた「ekōD Works」(エコードワークス)。 今回は「メガネをかけた横顔から目元が見える」という作画表現のあるあるを再現。メガネの「つる」の一部が透明になっていることを伝えるために、「メガネといえばこれ!」という太めの黒ぶちをセレクト。

目元が見えつつ、フレームが残るよう透明にする範囲にもこだわっている。

こだわりが光る黒ぶちメガネ

あくまで「あるあるの再現」というコンセプトを楽しむのが目的の作品だが、制作者のフクサワさんが掛けてみると問題もなく、若干死角が減り、実用性もバッチリだという。

本人としても予想を超える反響があり、購入したいという声も多く寄せられたようで、細部はまだまだ改善の余地があるとしながらも「当製品企画とのコラボに関心のある版元さんがいらっしゃれば是非お声か掛け下さい。」と製品化にも前向きな姿勢を見せている。

今回のメガネの他にも、エコードワークスは「胸が膨らんで見えるTシャツ」など、ユニークなアイテムを多数つくっているので、次は一体どんな作品を見せてくれるのか期待が高まる。

クリエイターのこだわり

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「エコードワークス」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 20

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ