60

POPなポイントを3行で

  • イギリスのe-Sportsチーム・FnaticのMagnet選手の提言
  • 日本チームが世界で苦戦している理由を語る
  • Magnet選手「日本はもったいない」の真意とは
海外プロゲーマーが日本のe-Sportsチームに提言 「日本はもったいない」
イギリスのe-Sportsチーム・Fnaticに所属しているMagnet選手が人気ゲームタイトル『Rainbow Six Siege』(レインボーシックス シージ)の日本チームに対して文書で提言した。

日本語で書かれた文書では、日本チームに対して感じたことやその改善方法などが明記されており、文書を発表した該当ツイートは記事執筆時点で6000件を超えるリツイート、1万2000件を超える「いいね」を記録。

選手本人から文書という形で提言がされること自体珍しいことでもあり注目を集めている(文書はGoogleドキュメントで公開)。

日本にも多くのファンがいるチーム・Fnatic

Fnaticは2004年に創設され、『League of Legends』や『Rainbow Six Siege』など、約20種類のゲームで年間75以上の国際イベントに参加して、強豪として知られるe-Sportsチーム。

2019年2月に行われた『Rainbow Six Siege』の世界大会「Six Invitational 2019」では、日本のe-Sportsチーム・野良連合と激闘を繰り広げたことも記憶に新しい。 競技以外の場面では日本チームと頻繁に交流。2018年にFnaticが来日した際には、Magnet選手が当時野良連合の競技シーンで活躍していたWokka選手と対談するなど、日本のe-Sportsシーンを追っているファンからも人気が高い。
【レインボーシックス シージ】Wokka×Magnet対談インタビュー
その人気の高さを受けて2019年9月には日本版の公式Twitterも開設。競技シーンでのスーパープレイでファンを沸かせたと思えば、Twitterではラーメンチェーン・一蘭への愛を語るなどほっこりする一面も垣間見せる。

Magnet選手から見た日本チームの問題点

文書を発表したMagnet選手は、Fnatic『Rainbow Six Siege』チームのキャプテンをつとめている。日本チームにリスペクトを持っている選手として知られており、自身のSNSでは日本語での投稿も目立っている。

そんなMagnet選手は1月6日に「僕からみた日本のシージについて率直な意見を述べたいんだけどいいかな?」とTwitterで発言。

翌日に『僕から見た日本のR6Sシーンについて』という文書を公開した(外部リンク)。 冒頭で日本のチームがアジアで「最も強いプロリーグ」と自身の考えを表明しながらも、最近「日本チームは苦戦しています」とコメント。

その原因を「練習試合の時間によく遅れてくる」といったプロ意識の低さや、練習メニューの戦略性の欠如、『Rainbow Six Siege』というゲームへの向き合い方の3つだと指摘した。

Magnet選手「日本はもったいないと僕は言いたい」

さらに「日本のチームは、シージというゲームとまず直接向き合うことをした方がいい」「基本が抜けている状態でチームを組んだところで、積み重ねができない」など、日本チームが好きなMagnet選手だからこそ言えるストレートな指摘も。

それでも最後には「日本はもったいないと僕は言いたいのです」「あえて、言ってみました。がんばれ日本!」と愛のあるコメントで締めくくった。 この文書に対して日本のファンからは「日本のことを想ってくださり、ありがとうございます」「ありがとう、まぐ」などのコメントが多く見受けられる。

一方で、「専業プロゲーマーが職業として成立しておらず、本業などの兼ね合いで決まった時間に遅れてしまうこともある」という日本のe-Sportsシーンを象徴するような意見も見られた。

Magnet選手の文書をどのように受け止めるか。海外プロプレイヤーから見た貴重な意見は、日本のe-Sportsシーンがここからさらに盛り上がるための大きなきっかけの1つになりそうだ。

改めてe-Sportsを考えてみよう

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「e-Sports」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 34

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ