21

POPなポイントを3行で

  • アニメ映画5作品が放送決定
  • NHK・BSプレミアムにて3月から
  • まだみてない作品がある方はこの機会に是非!

最新ニュースを受け取る

3月のBS、劇場版アニメが強い。『ここさけ』『夜は短し』など5作品

『心が叫びたがってるんだ。』/(C)KOKOSAKE PROJECT

NHK・BSプレミアムにてアニメ映画5作品が3月23日(土)から30日(土)にかけて放送される。

放送されるのは『心が叫びたがってるんだ。』『夜明け告げるルーのうた』『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』『夜は短し歩けよ乙女』『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の5作品。

TwitterでNHKアニメの公式アカウントが「3月のBSプレミアムの映画が強い。」と呼びかけて1万RTを突破していることからもわかる通り、野心作・話題作が並んだ布陣には反響が寄せられている。

名作アニメ5作品が一挙再放送

「心が叫びたがってるんだ。」
3月23日(土)午後11時45分~

「夜明け告げるルーのうた」
3月26日(火)午後3時00分~

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」
3月27日(水)午後9時00分~

「夜は短し歩けよ乙女」
3月29日(金)午前2時35分~(※木曜深夜)

「ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」
3月30日(土)午前2時35分~(※金曜深夜)放送予定

『心が叫びたがってるんだ。』

『心が叫びたがってるんだ。』は、監督・長井龍雪さん、脚本・岡田麿里さんをはじめ、TVアニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』を手がけたスタッフ陣による劇場オリジナルアニメ。

過去のトラウマにより言葉を封印されてしまった少女・成瀬順をはじめ、心に傷を抱え思い悩む高校生たちの群像劇を繊細に描かれた。
『心が叫びたがってるんだ。』

『夜明け告げるルーのうた』

『夜明け告げるルーのうた』はポップなキャラクターと強烈な色彩感覚、独特なパースどり(遠近図法)を用いたアニメーションによって、国内外で人気を集めてきた湯浅政明監督の初となる完全オリジナル劇場版アニメ。

「心から好きなものを、口に出して『好き』と言えているか?」という湯浅さんが抱いた疑問が物語の出発点になっており、少年と人魚の少女との出会いと別れを繊細な心理描写で綴り、躍動感に溢れるアニメーションで展開される。
『夜明け告げるルーのうた』

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は、『リリイ・シュシュのすべて』『花とアリス』などで知られる岩井俊二さんによる同名作品を原作にしたアニメーション映画。

総監督・アニメーション制作を務めたのは『魔法少女まどか☆マギカ』『ひだまりスケッチ』などで知られる新房昭之さんとシャフトとのタッグ。

俳優・菅田将暉さん演じる典道と、女優・広瀬すずさんが演じるなずなによる、ひと夏の恋の物語が描かれる。
『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』

夜は短し歩けよ乙女

『夜は短し歩けよ乙女』は、森見登美彦さんの小説が原作の劇場版アニメ。

監督をつとめたのは『夜明け告げるルーのうた』同様、湯浅政明さん。メインキャストには役者/シンガーソングライターとして活躍する星野源さんや声優・花澤香菜さんが参加したことも話題に。

黒髪の乙女に思いを寄せる冴えない大学生の物語をユーモラスに描かれている。
『夜は短し歩けよ乙女』

『ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』

SAOこと「ソードアート・オンライン」シリーズは、川原礫さん原作の電撃文庫から出版されているライトノベル。次世代オンラインゲームを舞台に、主人公・キリトの活躍が描かれる。

『ソードアート・オンライン –オーディナル・スケール-』は、興行収入が全世界累計43億円突破という大ヒットを記録。事件に巻き込まれ記憶を失った仲間のアスナの記憶を取り戻す為にキリトが立ち上がる姿が描かれる。
『ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』

最新のアニメニュース

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「心が叫びたがってるんだ。」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 17

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ