36

POPなポイントを3行で

  • 故・高畑勲監督の『かぐや姫の物語』が「金曜ロードSHOW!」に登場
  • 日本最古の物語「竹取物語」を高畑監督が新たな解釈で映像化
  • プロデュースは現スタジオポノックの西村義明
高畑勲監督の遺作が金ローに 描きたかった「本当のかぐや姫の物語」

『かぐや姫の物語』/画像は金曜ロードシネマクラブ公式サイトより

日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」で5月18日(金)、4月に逝去したスタジオジブリ・高畑勲監督による映画『かぐや姫の物語』が放送される。

前作『ホーホケキョ となりの山田くん』以来、14年ぶりの監督作として2013年11月に公開された『かぐや姫の物語』。

高畑監督の集大成的な作品であり、製作期間8年、制作費50億円以上をかけ、興行収入は24.7億円を記録。

米アカデミー賞長編アニメ映画賞にもノミネートするなど国内外で高評価を得た。

高畑勲監督の遺作となった『かぐや姫の物語』

『火垂るの墓』『おもひでぽろぽろ』『平成狸合戦ぽんぽこ』などで知られる高畑勲監督は、4月5日に肺がんのため82歳で亡くなった。 日本を代表する巨匠の死は、日本のメディアだけではなく、BBCはじめ海外メディアでも大きく報じられた。

結果的に高畑監督の最後の監督作品となった『かぐや姫の物語』は、海外レビューサイトでも高い評価を獲得している。

高畑勲が描こうとした本当のかぐや姫の物語とは?

公開当時「姫の犯した罪と罰」というキャッチコピーが印象的だった本作は、東映動画(現・東映アニメーション)時代の企画で高畑監督が考えたプロットが根底にある。

その中で高畑監督は、原作の『竹取物語』で語られた、かぐや姫が地上に来た理由である「昔の契り」、地上での生活で償った「罪」が、それぞれどのようなものだったかを表現しようと創案。

かぐや姫を取り巻く謎を解く方法として、月世界を出発するかぐや姫と父王との会話シーンを冒頭のプロローグに考えたという。

案自体はボツとなってしまったが、『かぐや姫の物語』では当時の構想を持ちながらも、最終的にはプロローグなしで表現しようという野心がにじみ出ている。

(『かぐや姫の物語』で)私はこのシーンを冒頭につけることはしませんでした。『竹取物語』には描かれていない「かぐや姫のほんとうの物語」を探り当てさえすれば、プロローグなどなくていい。

物語の基本の筋書きはまったく変えないまま、笑いも涙もある面白い映画に仕立てられる。そしてかぐや姫を、感情移入さえ可能な人物として、人の心に残すことができるはずだ。

私はそんな大それた野心を抱いて、「かぐや姫の物語」に取りかかりました。『かぐや姫の物語』公式サイト内、監督の言葉より

そんな同作には、朝倉あきさんや高良健吾さん、地井武男さん、上川隆也さん、伊集院光さんらが声優として出演。

プロデューサーをつとめたのは、現在スタジオポノックの代表である西村義明さんだ。

国内外で評価された高畑勲監督が何を描こうとしたのか。見たことがある人もそうでない人も、この機会に「本当のかぐや姫の物語」を探り当ててみてはどうだろうか。

クリエイターが作品で描こうとするもの

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「高畑勲」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 11

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ