38

最新ニュースを受け取る

「大銀魂展」パロディーエリアがヤバい! 鳥山明、尾田栄一郎のクレームも展示

銀魂『ドラゴンボール』パロディ/画像はすべて『大銀魂展』プレスリリースより

12月23日(金・祝)から1月9日(月・祝)まで、東京・秋葉原のUDXアキバ・スクエアで開催される、漫画『銀魂』の初展覧会「連載完結寸前 大銀魂展 ~ツケが回る前にケツを拭け~」の新たな展示内容が発表された。 パロディエリア 同作がおもしろおかしくパロディ化してきた漫画作品の作家陣から色紙とクレームコメントが届き、作者の空知英秋さんによる反省コメントとともに展示される「パロディエリア」が展開されるという。

これまで同作の“被害に遭われた”作品は、鳥山明さんの『ドラゴンボール』や、尾田栄一郎さんの『ONE PIECE』といった国民的な人気作ばかりだ。

180点以上の原画が展示される「大銀魂展」

『銀魂』は、2004年から『週刊少年ジャンプ』にて連載されている人気コメディ漫画。

連載完結を間近に控えて開催される「大銀魂展」では、180点以上の原画が展示され、その多くに、空知先生からのコメントが添えられることも決定。執筆当時の心境やキャラクターへの想いが語られるという。

また、公式Webサイトから読者投票で選ばれた「No.1エピソード」の上位作品が日替わりで展示される「1話まるごと日替わり展示コーナー」も展開。
空知先生の仕事場をイメージしたブース

空知先生の仕事場をイメージしたブース

そして、作者・空知英秋さんの仕事場をイメージしたコーナーでは、貴重なネームや愛用しているペンなどが展示される。
銀魂『ONE PIECE』パロディ/画像は『大銀魂展』プレスリリースより

銀魂『ONE PIECE』パロディ

作品をパロディされてしまった漫画家からの被害コメント含め、笑いあり涙ありの「銀魂」らしい世界観を体感できる展示となりそうだ。

「ジャンプフェスタ2017」で限定チケット販売!

12月17日(土)・18日(日)に幕張メッセで開催されるイベント「ジャンプフェスタ2017」では、会場でしか購入できない「会場限定オリジナル特典付き入場券」も販売される。

ジャンプフェスタ限定の台紙とポストカードが付属し、価格は2,500円(税込)となっている。

(C)空知英秋/集英社

こんな記事も読まれています

イベント情報

「連載完結寸前 大銀魂展~ツケが回る前にケツを拭け~」

会期 2016年12月23日(金・祝)〜2017年1月9日(月・祝)
会期中無休
時間 10時から19時30分(20時に閉場)
会場 東京・秋葉原 UDX 2F アキバ・スクエア
(千代田区外神田 4-14-1)
入場料 一般・大学生 1,500 円(1,400 円)中学生・高校生 1,000 円(900 円)
小学生 500 円(400 円) ※料金はすべて税込。()内は前売料金。未就学児は無料。
主催 集英社、テレビ東京、バンダイナムコピクチャーズ
協賛 バンダイ、バンダイナムコエンターテインメント、バンプレスト、ナムコ、メガハウス、ローソンチケット
原作 空知英秋
※開催内容は予告なく変更になる場合がございます。

関連キーフレーズ

「空知英秋」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 13

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ