249

「ニコニコ超パーティー2015」潜入レポート 内輪ノリが生んだ最高の学祭感

「ニコニコ超パーティー2015」の様子

こんにちは、はじめまして。「nerimemo」というブログを書いている、ねりまちゃんと申します。

金麦が好きで、雑誌やラジオ、アニメも好きな、ごく普通の女オタクです。旅行も好きなので、よく旅の記事を書いています。

さて、読者のみなさまの中で、ニコニコ動画ニコニコ生放送などで知られるniconico(ニコニコ)をご存じの方はどのくらいいらっしゃいますか? おそらくほとんどの方が※1「ノ」と手を上げてくださったかと思います。

※1 ニコニコ動画やニコニコ生放送などで、手を挙げている様子を表現するためによく使われる

ではそのなかで、ニコニコのリアルイベントに参加したことのある方はいらっしゃいますか? こちらはどうでしょうか、「ニコニコ超会議とか、名前は聞いたことあるけど実際には……」という方も多いのではないでしょうか。

たまに動画や生放送は見るけど、リアルイベントには行きづらい。その理由として、ニコニコは「歌ってみた」や「踊ってみた」といった、独自のハイコンテクストな文化で成り立っているので、なかなかその地へ踏み込みづらいということがあるかと思います。

私もまさにその1人。イベントの存在を知ってはいたものの、「自分が行っても内輪ノリに馴染めないんじゃないかな」と、ずっと感じていました。

そんな思いの中、10月25日に、名前は聞いたことあるけど実際に行ったことはない、ニコニコ最大の大規模ライブイベント「ニコニコ超パーティー2015」が、さいたまスーパーアリーナで開催されました。

これまで「ニコニコ超パーティー」は、「ニコニコ超会議」と同日に、同じ会場である幕張メッセで開催されていましたが、第4回目となる今回は、超パーティーでは初めて、別日程かつ、別会場で開催されたのでした。

今回は、こんな私がはじめて「ニコニコ超パーティー2015」に行って感じてきたことを書いていきたいと思います。
ゲーム実況エリアのレポートはこちら
最俺、キヨらが証明したゲーム実況主の人気 ニコニコ超パーティーで見た彼らの力とは
超ニコニコ管弦楽団

超ニコニコ管弦楽団

今年はライブステージとゲーム実況エリアの2つに分けて開催

超パーティー2015キービジュアル まず最初に、今年の「ニコニコ超パーティー」についてざっくりと説明していきます。「ニコニコ超パーティー」とは、ニコニコユーザー参加型の巨大ライブイベント。

今年は、「歌ってみた」「踊ってみた」「演奏してみた」など、主にニコニコ独自の文化で活躍するユーザーがパフォーマンスを行うライブステージの他に、近年、注目を集めるゲーム実況主と呼ばれる人たちがステージでゲームをするゲーム実況エリアの2つのエリアに別れて開催されました。

ゲーム実況エリアは、ステージの1つではなく、コミュニティアリーナと呼ばれる、3,000人から4,000人が入るとっても大きくて広い場所で行われていました。

いまのニコニコやゲーム実況というカテゴリーの隆盛を、会場の配置からも感じることができますね。ゲーム実況エリアの様子は、後ほど別の記事で紹介します。

俺たちがつくった俺たちのパーティー

ニコニコ超パーティー2015/内観LOVE」「SMILE」「CHAOS」「DREAM」という「愛と微笑み、混沌と夢」の4章に別れたライブステージでは、まさにニコニコの各カテゴリで活躍するユーザーが次々とパフォーマンスを披露していきます。

演奏される曲は、ボーカロイド曲やニコニコで人気のアニソン。それを歌うのは歌い手さん。さらにそのステージを盛り上げるように踊るのが踊り手さんです。

彼らがステージに登場するなり、とてつもない歓声や悲鳴が飛び交うわけですが、初めての私には何がなんなのか到底わかりません。ああ、ここには「ニコニコ動画が大好き過ぎるニコ厨にしかわからないコンテンツ」の空間が広がっている……。

まさに「俺たちがつくった俺たちのパーティー」であり、楽曲ごとにきちんとペンライトの色を変えることのできる観客のみなさんは、ニコニコというフィールド上に存在する楽曲の数々、パフォーマンスする歌い手さんのことなど、説明せずとも理解しているのです。

私のようなニコニコに疎い人間は、圧倒されてしまい、取り残されそうになってしまうかも……と、不安を感じながらも、むしろ「そのすさまじい熱量の理由を知りたい!」と逆に引き込まれていきました。
GACKT presents 神威♂楽園

GACKT presents 神威♂楽園

第一部は、あの歌手のGACKTさんによく似た神威楽斗が性(生)徒会長を務める学園という設定の、GACKT presents 神威♂楽園による「☆B'z☆ウルトラメドレー」からはじまります。

B’zの名曲の数々を「ウルトラソウル! ハイ!」で繋いでいくという、ニコニコで人気のMAD(二次創作物)動画シリーズ「歌の後に○○シリーズ」から、「歌の後に『ウルトラソウルッ!』をつけるとこうなる」を実際に再現していました。 GACKT-presents-神威♂楽園_HNP2802 演奏メドレー「*ハロー、プラネット。」では、ギターをしゃべらせているかのように弾くRio.Tさん、バイオリンをしゃべらせるかのように弾くてっぺい先生さん、ロボット掃除機・ルンバで演奏するkamocさん、フロッピーディスクで演奏するdominoTECH(ヒューズ管P)さんが登場し、「楽器をしゃべらせる」×「楽器じゃないものを楽器にする」という奇跡のコラボが実現。

さいたまスーパーアリーナのスクリーンに映るルンバ! そして懐かしのフロッピーディスクドライブ! こういった「ニコニコ技術部」と呼ばれる、ニコニコユーザーによる科学的な発明の活躍に、歓声と笑いが上がるところを見せつけられ、ニコニコ動画の文化の懐の広さ、そしてユーザーのみなさんの「おもしろがる力」に感服いたしました。こんなおもしろい方々を、みなさんだけで楽しんでいたなんて……。 RE_M22_小林幸子_AU_0566
小林幸子さん、れるりりさん他

小林幸子さん、れるりりさん他

第二部「SMILE」には、大御所演歌歌手の小林幸子さんが登場し、ご自身の声を元に制作されたボーカロイド「Sachiko」とのデュエット曲「脳漿炸裂バーサン」を巨大かたつむりの「つむこ」に乗って披露していました。
ギニュ〜特戦隊

ギニュ〜特戦隊

さらに超パーティーでは「ヲタ芸」もステージにのぼります。

サイリウムを駆使したヲタ芸集団・ギニュ〜特戦隊の、UO(ウルトラオレンジ)を使ったヲタ芸が、楽曲「サマータイムレコード」で披露されました。真っ暗な会場のどまんなかのステージに輝く神々しいウルトラオレンジの光……。残光が弧を描く美しさに、ヲタ芸の魅力を再認識。
1
2
3
4

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「ニコニコ超パーティー2015」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 123

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(1)

CKS

CKS 認証済みアカウント

たしかにめっっっっっちゃ頑張ってる学祭っぽさがあるな・・・

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ