26

連載 | #5 管理栄養士がガチで教える元気メシ講座

まだ油断できない夏バテ! 管理栄養士おすすめの必勝元気メシとは?

まだ油断できない夏バテ! 管理栄養士おすすめの必勝元気メシとは?

画像はすべてフリー写真素材サイト・ぱくたそより

お盆が過ぎ、暑さもだいぶ和らいできました。しかしこの時期にかかりやすいのは、「食欲が無い」「体がだるい」「疲れがとれない」といったいわゆる「夏バテ」。不安定な気候が続き、体調を崩しやすく夏バテを引きずってしまいがちなのです。

社会人の皆さんの中には、夏バテが原因で仕事に集中できず、なかなか仕事が捗らない……という人も多いのではないでしょうか?

連日の暑さのせいで食事を抜いたり、そうめんや冷たいうどんといった麺類で済ませている、冷たい飲み物やアイスばかり摂取している……というそこのあなた。実はその食生活に問題があるかもしれません!

こういった食生活は、知らず知らずのうちに食欲の減退や内臓機能の低下を引き起こし、消化不良や、下痢、疲労の蓄積といった、慢性的な体調不良の原因となってしまうのです。

ということで今回は、管理栄養士の筆者が、そんなバテ気味社会人の皆さんに向けて、夏バテ解消に効果的な食事のポイントをご紹介します! 

夏バテって何? どうしてなるの?

夏バテを放置すると……?

夏バテとは、猛暑が続く夏の時期に表れる全身の倦怠感、食欲不振、消化不良、下痢、頭痛といった慢性的な症状のことを指します。これらの症状に伴って体力も低下するため、夏風邪のようなほかの病気の原因となってしまう場合も。

しかし、特に深刻な症状は表れないので、そのまま放置してしまったり、油断をしてしまう人が多いようです……。また、もともと胃腸の弱い人や、神経質で環境の変化に対応しにくい人なども、夏バテになりやすいと言われています。

では、なぜ夏にこういった症状が表れてしまうのでしょうか? 

人の体には、体温を一定に保とうとする機能が備わっています。しかし、夏の高い気温に体が対応しきれなくなると、余計なエネルギーを消費したり、体内の熱をうまく外に逃がしてやることができなくなります。

すると、体がだるさを感じ胃腸の働きが弱まってしまうことで、胃や腸の消化機能の低下、体内の水分・ミネラル不足、自律神経の乱れなどを引き起こし、夏バテの原因となってしまうのです。

こんな食事・生活習慣を送っていませんか?

暑い日にがぶ飲みするジュースや清涼飲料水が夏バテの原因に!?

気温・湿気がともに高い夏の時期は、冷えた清涼飲料水やジュースをがぶ飲みしがちな人も多いのではないでしょうか。すると、胃の中の胃酸が薄まり、体が慢性的に冷えた状態となるので、消化機能がうまく働かなくなります。

また、こうした飲料に入っている砂糖は、多量に摂取することで空腹を感じなくなる原因にもなります。ほかにも汗をかいたり、そうめんやうどんといった炭水化物やお菓子など糖質の多い食事が続くと、ビタミンやミネラルが消費されて体のだるさを引き起こすことも。

また、冷房の効いた室内と暑い室外との温度差の影響や、ストレス、睡眠不足なども自律神経の乱れといった夏バテの原因につながるので、要注意です!

それでは、そんな夏バテを解消する絶好の食事とは、いったい何なのでしょうか?

1
2

こんな記事も読まれています

23
Share
0
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ