355

最新ニュースを受け取る

FC2へのAV違法アップロードで書類送検 AVの著作権法違反では初の事例

動画投稿共有サイト・FC2のスクリーンショット

7月15日、山梨県在住の男性(42歳、会社員)が、動画投稿共有サイト・FC2動画 アダルトに、有料で販売されているアダルトビデオの映像を無断でアップロードしたとして、著作権法違反の疑いで書類送検されたことが、大手アダルトビデオメーカー・S1やMOODYZの著作権を有する株式会社CAへの取材でわかった。男性は容疑を認めているという。

FC2動画 アダルトに関しては、電磁的記録媒体陳列や公然わいせつ幇助の容疑で逮捕・送検されることはあったが、アダルトビデオの違法アップロードによる著作権法違反の書類送検は、全国で初のケースとなる。

警告に応じず、書類送検へ

FC2_1 担当者によると、書類送検された男性は「怪盗ぱんてぃ」「ミセスマダム」など複数のアカウントを利用し、2014年1月から約11ヶ月間にわたり、FC2動画へアダルトビデオの映像を無断でアップロード。不特定多数が閲覧できる状態にし、著作権を侵害した疑いがあった。

同社では、自社が管理するコンテンツについて、継続的に違法アップロード対策に取り組んでおり、2014年12月に当該男性によって自社のコンテンツが無断でアップロードされていることを確認。ただちにFC2動画の配信サーバーのある米国カリフォルニア州の弁護士を通じて、FC2動画へ発信者情報開示請求を行い、該当者のIPアドレスを取得。その後、国内のISP(インターネットサービスプロバイダー)に同様の開示請求を行い、男性を特定し、警告と損害賠償の請求を行った。

しかし、男性は警告後も同社が権利を有する映像のアップロードを続け、賠償にも応じなかったため、男性がアップロードした複数の作品の中から、2014年1月20日にアップロードした『交わる体液、濃密セックス 春菜はな』の一部映像に関する証拠を収集し、山梨県警へ相談。県警での捜査により、著作権法違反として今回の書類送検につながったという。

あわせて同社は、男性に対して、違法アップロードに該当する映像の総再生回数「27,510回」に、正規コンテンツ価格を300円として算出した被害額、計814万5,000円を民事裁判にて損害請求していく方針だ。

1
2

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「違法アップロード」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 290

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ